全899文字
PR

 大林組は、水平搬送だけでなく、階をまたいだ垂直搬送を自動化するロジスティクスシステムを開発した。技能者がウェブ上で搬送スケジュールを入力すれば、以降は無人で資材の搬送が可能だ。上下階への揚重の際に、人がエレベーターを操作する必要がなくなる。

大林組が開発したシステムに導入する搬送ロボット。本体にレーザーセンサーを備えた。ロボットを現場内で稼働させるための地図情報は、搬送指示用のエリアを示した図面データを使う。2020年2月19日に発表した(写真:大林組)
大林組が開発したシステムに導入する搬送ロボット。本体にレーザーセンサーを備えた。ロボットを現場内で稼働させるための地図情報は、搬送指示用のエリアを示した図面データを使う。2020年2月19日に発表した(写真:大林組)
[画像のクリックで拡大表示]
システムの全体像。搬送ロボットや工事用エレベーター、カメラなどが連携する(資料:大林組)
システムの全体像。搬送ロボットや工事用エレベーター、カメラなどが連携する(資料:大林組)
[画像のクリックで拡大表示]

 同システムは、複数の工事用エレベーターと搬送ロボット、天井に設置したカメラなどを統合的に管理する技術だ。入力された搬送指示に従ってシステムが搬送経路を自動で設定し、同時に複数のロボットに順次搬送を指示。それと連動するようにエレベーターも制御する。技能者は、タブレット端末などで資材の搬送元と搬送先の各エリアを指定するだけで済む。

タブレット端末の操作画面例。搬送元と搬送先を入力し、ロボットに搬送を指示する(資料:大林組)
タブレット端末の操作画面例。搬送元と搬送先を入力し、ロボットに搬送を指示する(資料:大林組)
[画像のクリックで拡大表示]

 搬送指示は現場の工程スケジュールに合わせて約2週間分、エレベーター300往復分程度を入力できるように設定されている。現場作業の工程に変更が生じた場合は、技能者が指示を修正するだけで、システムがロボットとエレベーターを制御し直して自動で搬送計画を組み替える。

ロジスティクスシステムのメニュー画面(資料:大林組)
ロジスティクスシステムのメニュー画面(資料:大林組)
[画像のクリックで拡大表示]

 同社ロボティクス生産本部技術企画課の笹原大介担当課長は、「資材搬送の労務を3割削減し、夜間の揚重作業の出来高を20%向上できる」と、導入効果を説明する。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料