全1197文字

 建設ロボットの開発・導入が加速していることと連動し、現場管理のスマート化を図るための技術開発が活発だ。なかでも、資材搬送の自動化に向けた動きが目立つ。鹿島と竹中工務店が協業して取り組む、現場管理システムもその1つだ。両社が2020年1月30日に発表した、建設ロボットやIoT(モノのインターネット)などを活用した技術開発における連携の一環として進めている。

関連記事:
「竹林建設」や「大清水組」が誕生する日、学生時代の妄想が現実味を帯びてきた?
鹿島と竹中工務店がロボット開発などで異例の協業、ライバル3社はどう動く?

鹿島が開発を進めている「場内搬送管理システム」の概念図。資材にQRコードを付与し、BIMデータや搬送ロボットと連携させ、製造から施工完了といった一連のプロセスをデータ化する狙いだ。竹中工務店が開発する「建設ロボットプラットフォーム」と連携する(資料:鹿島)
鹿島が開発を進めている「場内搬送管理システム」の概念図。資材にQRコードを付与し、BIMデータや搬送ロボットと連携させ、製造から施工完了といった一連のプロセスをデータ化する狙いだ。竹中工務店が開発する「建設ロボットプラットフォーム」と連携する(資料:鹿島)
[画像のクリックで拡大表示]

 両社が進める現場管理システムでは、鹿島が「場内搬送管理システム」を担当する。工場で生産された資材にQRコードを付与し、製造・出荷から現場での荷卸し、搬送ロボットによる水平搬送、施工完了までの一連の工程をクラウドデータベース上で一元管理する。

 同社はこれらのデータを、時間とコストの情報を持たせたBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)モデルと連携させ、工事の進捗が分かるように部材を色分けするなどし、見える化する考えだ。

 一方の竹中工務店は、同システムと連携する「建設ロボットプラットフォーム」の開発を分担する。BIMデータを地図情報として活用し、搬送ロボットや清掃ロボットなど、複数のロボットを一元管理するシステムだ。2月14日、竹中工務店がブレインズテクノロジー(東京都港区)に委託していた技術開発の詳細を発表した。

竹中工務店が主体となって開発を進める「建設ロボットプラットフォーム」の概念図。複数のロボットを一元管理できる。現場内の地図情報としてBIMを採用し、ロボットを稼働させるための事前準備や操作・管理などを遠隔でできるようにした。鹿島の「場内搬送管理システム」と連動させて使う(資料:竹中工務店)
竹中工務店が主体となって開発を進める「建設ロボットプラットフォーム」の概念図。複数のロボットを一元管理できる。現場内の地図情報としてBIMを採用し、ロボットを稼働させるための事前準備や操作・管理などを遠隔でできるようにした。鹿島の「場内搬送管理システム」と連動させて使う(資料:竹中工務店)
[画像のクリックで拡大表示]
「建設ロボットプラットフォーム」のアプリケーション例(資料:竹中工務店)
「建設ロボットプラットフォーム」のアプリケーション例(資料:竹中工務店)
[画像のクリックで拡大表示]

 BIMデータを活用することで、現場の状況に応じてロボットの稼働範囲を設定・変更したり、搬送経路を事前にシミュレーションしたりできる。

 竹中工務店西日本機材センター機械化施工推進グループの永田幸平課長は、「今後、現場内にロボットが増えていくことを想定すると、運用や保守に関連する業務負荷の削減にもつなげられるはずだ」と話す。