全1843文字

 タワーマンションが林立する川崎市の武蔵小杉駅周辺を襲った、2019年10月の台風19号による内水氾濫。地下3階の電気設備などが浸水し、機能不全に陥ったパークシティ武蔵小杉ステーションフォレストタワーの住民らは、被災の原因調査と再発防止に取り組むタスクフォースを結成し、建物が機能不全に陥ったメカニズムを解明した。

 原因調査に取り組んだ理由について、タスクフォースのリーダーを兼任する同マンションの理事長は、「水害は地震と異なり毎年発生するリスクがある。再発防止策を打ち出すには、被災原因の究明が不可欠だと考えて取り組んだ」と話す。

川崎市の武蔵小杉駅前に立つ「パークシティ武蔵小杉ステーションフォレストタワー」。2019年10月の台風19号による内水氾濫で地下3階の電気設備などが浸水し、機能不全に陥った(写真:パークシティ武蔵小杉ステーションフォレストタワー)
川崎市の武蔵小杉駅前に立つ「パークシティ武蔵小杉ステーションフォレストタワー」。2019年10月の台風19号による内水氾濫で地下3階の電気設備などが浸水し、機能不全に陥った(写真:パークシティ武蔵小杉ステーションフォレストタワー)
[画像のクリックで拡大表示]

 フォレストタワーが浸水したのは19年10月13日の未明。多摩川の水位が大雨で上昇し、川の濁流が山王排水樋(ひ)管を通じて逆流して武蔵小杉駅周辺に内水氾濫を引き起こした。

 周辺地域の浸水を知ったマンション住民が100人ほど集まり、1階玄関や駐車場の出入り口に高さ60cmほどの土のうを積んで浸水を防いだ。備蓄用の飲料水を詰めた段ボール箱をポリ袋で包んで土のう代わりに積んだ場所もあったという。敷地内の浸水深は30cmほどだったので、建物1階の玄関や地下駐車場の出入り口から屋内に水が流れ込むことはなかった。

冠水したエントランス前。マンション住民が土のうを積んで1階玄関や地下駐車場の出入り口からの浸水を防いだ(写真:パークシティ武蔵小杉ステーションフォレストタワー)
冠水したエントランス前。マンション住民が土のうを積んで1階玄関や地下駐車場の出入り口からの浸水を防いだ(写真:パークシティ武蔵小杉ステーションフォレストタワー)
[画像のクリックで拡大表示]

 ところが、マンション地下3階に設置した電気設備に水が流れ込んだ。経路は、さらに下層の地下4階からだった。同階には周辺地域に降った雨を一時的にためておく貯水槽を設置している。この貯水槽が満杯となりあふれ出したことで、地下3階の設備が水浸しとなったのだ。

 地下にたまった水は約9000トン。フォレストタワーの管理を手掛ける三井不動産レジデンシャルサービスは、設計・施工を請け負った竹中工務店などに排水作業を依頼。設備を搬入するためのたて坑(こう)から大型の排水ポンプを地下に降ろし、1日半ほどかけて水を抜いた。漏電の有無を確認した後、被災から5日目の17日には電気が復旧した。