全1456文字
PR

 ニコン・トリンブル(東京都大田区)は2020年5月12日、建築の施工現場向けのMR(複合現実)機「Trimble XR10」の販売を開始した。Trimble XR10は米マイクロソフト(Microsoft)のMRヘッドマウントディスプレー「HoloLens 2(ホロレンズ 2)」に、厚生労働省が定める保護帽規格と絶縁保護具規格に適合したヘルメット、さらに同社独自の骨伝導ヘッドセットを組み合わせたヘルメット型MR機だ。価格(税別)は1台、64万8000円。

MR機「Trimble XR10」を頭に被ったときの姿(写真:ニコン・トリンブル)
MR機「Trimble XR10」を頭に被ったときの姿(写真:ニコン・トリンブル)
[画像のクリックで拡大表示]
ヘルメットとHoloLens 2が一体化したTrimble XR10。騒音環境でも音や声が聞こえやすい骨伝導ヘッドセットが付属する(写真:ニコン・トリンブル)
ヘルメットとHoloLens 2が一体化したTrimble XR10。騒音環境でも音や声が聞こえやすい骨伝導ヘッドセットが付属する(写真:ニコン・トリンブル)
[画像のクリックで拡大表示]

 Trimble XR10は、HoloLens 2が備えるヘッドトラッキング機能(4つの可視光カメラ)とハンドトラッキング機能(2つの赤外線カメラ)を搭載する。ヘルメットとHoloLens 2が「合体」したことで、工事現場でTrimble XR10を被った担当者の前に3次元(3D)のAR(拡張現実)画像を映し出せる。現実空間にAR表示するウィンドウの操作は、手や指の動きやジェスチャーで行う。

工事現場の現実空間にAR表示したウィンドウの操作は、手や指で行う(写真:ニコン・トリンブル)
工事現場の現実空間にAR表示したウィンドウの操作は、手や指で行う(写真:ニコン・トリンブル)
[画像のクリックで拡大表示]

 ヘルメットは厚労省が定める「物体の飛来又は落下、若しくは墜落による危険を防止するための規格検定」と「頭部感電による危険を防止または軽減するための耐電圧試験」に合格している。Trimble XR10は米国では19年末から販売が始まっていたが、ヘルメットを日本の独自規格に合わせるため、約半年遅れての市場投入になった。日本規格のヘルメットなので、工事現場だけでなく工場などでも使える。ヘルメットには環ひも(あごひも)と衝撃吸収ライナーを装着して出荷する。

ヘルメットにはあごひもが付いている(写真:ニコン・トリンブル)
ヘルメットにはあごひもが付いている(写真:ニコン・トリンブル)
[画像のクリックで拡大表示]

 HoloLens 2のディスプレーは、ヘルメットの前方部に跳ね上げられるようになっている。眼鏡をかけたままでも使うことができる。

ディスプレーを上に跳ね上げたときの様子。眼鏡をかけたままでも使える(写真:ニコン・トリンブル)
ディスプレーを上に跳ね上げたときの様子。眼鏡をかけたままでも使える(写真:ニコン・トリンブル)
[画像のクリックで拡大表示]

 さらに、HoloLens 2にはない、独自の骨伝導ヘッドセット(mobiWAN_TR)を用意した。騒音が大きい工事現場でも、骨伝導で音声ガイダンスなどがダイレクトに聞こえるように工夫している。

骨伝導ヘッドセットなど、付属する機器類(写真:ニコン・トリンブル)
骨伝導ヘッドセットなど、付属する機器類(写真:ニコン・トリンブル)
[画像のクリックで拡大表示]