全1301文字
PR

 西松建設はコンクリート工事の打設数量を自動で計算するシステムを開発した。打設作業終盤で、最終的に必要な打設数量を把握する際の計算精度を高めて残コンクリートの削減につなげる。また、現場技術者が計算する手間を省いて生産性の向上を図る。2020年3月27日に発表した。

 このシステムは、事前にコンクリート躯体(くたい)の体積を計算するプログラムと作業終盤に打設を終えた部分の体積を計算するプログラムの2つで構成する。前者の結果から後者の結果を引いて、打設が残っている部分の体積を算出する。

 1つ目のプログラムでは、躯体図の2次元CADデータの平面情報や高さ情報などを基に躯体の3次元情報を生成し、打設するコンクリートの体積を計算する。

2次元のCADデータを基に躯体の3次元情報を生成し、打設するコンクリートの体積を自動計算する(資料:西松建設)
2次元のCADデータを基に躯体の3次元情報を生成し、打設するコンクリートの体積を自動計算する(資料:西松建設)
[画像のクリックで拡大表示]

 BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)など3次元のCADデータがなくても、一般的な現場で作成する2次元のCADデータで計算できるのが特徴だ。画面上で範囲を指定すれば、工区ごとに体積を表示できる。この機能は作業前の計算だけでなく、作業中に打設が済んでいない部分の体積を把握するためにも有効だ。

躯体図上で指定した範囲の体積を計算する(資料:西松建設)
躯体図上で指定した範囲の体積を計算する(資料:西松建設)
[画像のクリックで拡大表示]

 2つ目のプログラムでは、コンクリート打設中に撮影したカメラの画像を基に打設した範囲を自動認識し、打設済みの体積を瞬時に計算する。西松建設は画像の撮影に当たって、定点カメラの使用を想定しており、タワークレーンや隣接する建物の屋上など打設範囲の真上に設置する状況が理想的とする。ただ、定点カメラを設置する場所が確保できない場合には、ドローンの使用も検討している。

打設状況を撮影した画像と躯体図を重ね合わせて、打設した部分の体積を自動計算するプログラムの画面。赤い線で囲まれた部分がコンクリートの打設が済んでいると認識した範囲(資料:西松建設)
打設状況を撮影した画像と躯体図を重ね合わせて、打設した部分の体積を自動計算するプログラムの画面。赤い線で囲まれた部分がコンクリートの打設が済んでいると認識した範囲(資料:西松建設)
[画像のクリックで拡大表示]