全1276文字

 清水建設は2020年5月25日、20年3月期の連結決算を発表した。売上高は前期比2.0%増の1兆6982億円、営業利益は3.2%増の1338億円。前期に続き五輪関連施設や首都圏の大型再開発の工事が順調に進んだほか、開発事業では大型開発物件を売却したことが寄与した。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料