全1558文字

 鹿島と竹中工務店は、建設機械レンタルのアクティオ(東京都中央区)および建機や情報機器をレンタルするカナモトと共同で、タワークレーンを遠隔操作できるシステム「TawaRemo(タワリモ)」を開発した。大阪に用意した専用のコックピットから、名古屋に設置した大型のタワークレーンを操作し、建材の移動や積み込み、積み下ろしといった作業のリモート制御が可能であることを確認したと、2020年6月16日に発表した。

 TawaRemoは、タワークレーンの運転席での操作とほぼ同じ環境を地上に再現できるシステムだ。オペレーターが座る椅子や複数のモニター、通信システムなどから成る。

「TawaRemo(タワリモ)」のコックピット(写真:鹿島、竹中工務店)
「TawaRemo(タワリモ)」のコックピット(写真:鹿島、竹中工務店)
[画像のクリックで拡大表示]

 タワークレーンの運転席回りに設置した複数のカメラで撮影した映像を、通信基地局を経由して地上のコックピットに送信する。それがコックピットのモニターに表示される。建材などの荷重の動作信号や異常信号もモニターに映し出される。

 さらに、タワークレーンに付けたジャイロ(角速度)センサーで実際の振動や揺れを計測。コックピットで、タワークレーンの運転席の状態を体感できるようにしている。

 通信回線は、NTTドコモが提供する4Gの「アクセスプレミアム」(閉域ネットワーク)を利用する。システムのセキュリティーを確保し、安心して遠隔操作ができるように設計した。今後は5G回線の導入を検討していく。

 カナモトが開発した通信システム「KCL(Kanamoto Creative Line)」も使うことで、安全性を高めながら低遅延での遠隔操作を可能にしたという。

TawaRemoの全体像(資料:鹿島、竹中工務店)
TawaRemoの全体像(資料:鹿島、竹中工務店)
[画像のクリックで拡大表示]

 4社は19年9月から実機で検証を開始し、コックピットや通信環境の改良を続けてきた。20年1月には、タワークレーンでの建材の積み込みや積み下ろしの作業を、遠隔から実施できるようになっている。

 鹿島と竹中工務店は20年9月までに両社の現場作業所で、関係官庁と協議しながら試験運用を繰り返していく。そしてコックピットの増産と、タワークレーンへのシステム搭載を進める計画だ。20年度中の本格運用を目指す。

 アクティオは自社で保有するタワークレーンに順次、TawaRemoを導入していく。カナモトはコックピットと通信システムのレンタル時の運用保守を担当する。

 4社はタワークレーンだけでなく、様々な工事用機械の遠隔操作を可能にするべく、共同開発を進めていく方針だ。