全1854文字
PR

 長谷工コーポレーションとアウトソーシングテクノロジー(東京都千代田区)は2020年7月6日、日本マイクロソフトと連携し、マンションの外壁タイル打診検査に使うMR(複合現実)向けアプリ「AR匠RESIDENCE(エーアールタクミレジデンス)」を共同開発したと発表した。

 現場の検査担当者はマイクロソフトのMRヘッドマウントディスプレー「HoloLens 2(ホロレンズ 2)」を頭に装着し、AR匠RESIDENCEの仮想画面を見ながら検査を進める。検査結果はAR匠RESIDENCEに記録され、報告書を自動作成できる。これにより、検査業務を約30%削減できる見通しだ。

HoloLens 2を使った、マンションのタイル打診検査の様子。手に持っているのは、タイルの不具合を見つけるために使う「タイル打診棒」(資料:長谷工コーポレーション、アウトソーシングテクノロジー)
HoloLens 2を使った、マンションのタイル打診検査の様子。手に持っているのは、タイルの不具合を見つけるために使う「タイル打診棒」(資料:長谷工コーポレーション、アウトソーシングテクノロジー)
[画像のクリックで拡大表示]

 AR匠RESIDENCEは20年7月から、グループの長谷工リフォームが既存マンションの事前診断を実施する関東エリアにまず導入する。順次、全国に広げていく。HoloLens 2は2台、現場に配備する。マイクロソフトによれば、マンションのタイル打診検査にMRを使う例は国内初だという。

 技術者の派遣および開発請負を手掛けるアウトソーシングテクノロジーは20年内に、他の建設会社やリフォーム会社向けにAR匠RESIDENCEの販売受け付けとトライアル運用を開始する予定だ。長谷工とアウトソーシングテクノロジーはデジタル技術の活用で、建設・不動産業界における業務の生産性向上を目指す。

 従来、タイル打診検査は2人1組で実施していた。1人が「タイル打診棒」を使って検査をし、もう1人がマンションの平面図に外壁タイルの浮きやひび割れ(クラック)といった不具合を記録。同時に写真を撮る。検査終了後は事務所に戻り、不具合箇所を図面に転記して写真と照合し、報告書を作成していた。非常に手間がかかる作業である。

2人1組で実施していた、これまでのタイル打診検査の様子(資料:長谷工コーポレーション)
2人1組で実施していた、これまでのタイル打診検査の様子(資料:長谷工コーポレーション)
[画像のクリックで拡大表示]
AR匠RESIDENCEの導入前と後の比較(資料:長谷工コーポレーション、アウトソーシングテクノロジー)
AR匠RESIDENCEの導入前と後の比較(資料:長谷工コーポレーション、アウトソーシングテクノロジー)
[画像のクリックで拡大表示]

 新システムでは、この検査を1人で実施できるようにした。いわゆる、ワンオペレーションだ。HoloLens 2を被った担当者がタイル打診棒で検査をし、ひび割れなどの記録を位置情報と共に、AR匠RESIDENCEに取り込む。アプリの操作は、現実空間上にバーチャル表示するAR画面から実施する。

 長谷工取締役常務執行役員の楢岡祥之氏は「検査を1人で実施できれば省人化につながるうえ、コロナ禍では担当者同士の濃厚接触を避けられる。マンションに大勢の担当者が押し寄せることもなくなり、住民に迷惑をかけることも少なくなるだろう」と語る。

オンラインで開かれた7月6日の記者会見の最後には、出席者全員がHoloLens 2を被ってみせた。写真左上が長谷工取締役常務執行役員の楢岡祥之氏(写真:日経クロステック)
オンラインで開かれた7月6日の記者会見の最後には、出席者全員がHoloLens 2を被ってみせた。写真左上が長谷工取締役常務執行役員の楢岡祥之氏(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 マンションの外壁は、劣化などにより剥落のリスクが付いて回る。そのため、定期メンテナンスが必要だ。

 タイル張りや石張り、モルタルなど、マンション周辺の歩行者に危害を加える恐れがある外壁は、10年ごとに全面打診調査が義務付けられている。タイル打診検査は避けて通れない以上、業務を効率化する必要があった。