全1477文字
PR

 「市民の判断に従い、庁舎移転新築計画を白紙にする」。浸水想定区域に指定されている海沿いの地域に新庁舎を建設する計画の賛否を巡って2020年8月9日、鹿児島県垂水市で住民投票が実施された。計画では20年9月に造成工事、21年1月に庁舎建設工事に着手する予定だったが、反対票が賛成票を上回ったことを受けて尾脇雅弥市長は計画の見直しを決断。市は「今後の議論によっては庁内での検討からやり直す可能性もある」(企画政策課庁舎建設係)と説明する。

建設予定だった垂水市新庁舎の完成イメージ。新庁舎は延べ面積約5900m<sup>2</sup>で、免震構造を採用。鉄筋コンクリート造・一部鉄骨造、地上4階建ての計画で、2020年9月には造成工事に着手する予定だった。設計は宇住庵設計・NKSアーキテクツ・大隅家守舎設計業務共同企業体(資料:垂水市)
建設予定だった垂水市新庁舎の完成イメージ。新庁舎は延べ面積約5900m2で、免震構造を採用。鉄筋コンクリート造・一部鉄骨造、地上4階建ての計画で、2020年9月には造成工事に着手する予定だった。設計は宇住庵設計・NKSアーキテクツ・大隅家守舎設計業務共同企業体(資料:垂水市)
[画像のクリックで拡大表示]

 現庁舎は本館と新館、別館の3棟から成る。建築年数が最も古い本館が竣工したのは1958年で、耐震性能や建物の老朽化に伴い防災拠点としての機能が不十分だと問題視されていた。市は2012年に「垂水市庁舎建設等庁内検討委員会」を設置。17年には識者や市民代表などで構成する「垂水市新庁舎建設検討委員会」(委員長:鰺坂徹・鹿児島大学大学院教授)を設置して、新庁舎建設に向けて議論を進めてきた。

 市は、新庁舎の建設予定地として3カ所を候補地に選定。新庁舎建設検討委員会での議論やパブリックコメントの結果を踏まえて、予定地を現庁舎から西に約400mで錦江湾沿いに位置する錦江町旧フェリー駐車場用地に決めた。

新庁舎建設地の候補地には、現庁舎と市民館、錦江町旧フェリー駐車場用地の3カ所が選定された。新庁舎建設検討委員会での議論やパブリックコメントを踏まえて、市は錦江町旧フェリー駐車場用地を候補地に決定した(資料:垂水市)
新庁舎建設地の候補地には、現庁舎と市民館、錦江町旧フェリー駐車場用地の3カ所が選定された。新庁舎建設検討委員会での議論やパブリックコメントを踏まえて、市は錦江町旧フェリー駐車場用地を候補地に決定した(資料:垂水市)
[画像のクリックで拡大表示]

 しかし、市民団体「市庁舎建設に関する住民投票条例制定を求める会」が建設予定地の安全性を指摘。建設予定地は洪水浸水想定区域(0.5~3m未満)に指定されていることから、「防災拠点としての機能が果たせない」と訴えた。同団体は19年11月、建設予定地の賛否を問う住民投票条例の制定を尾脇市長に直接請求したが、市議会本会議は同年12月に否決した。

 その後、市は計画を進めて20年6月に実施設計と予算を市議会で可決。計画通りに新庁舎の建設を進めるために新庁舎建設を推進する4468人が市庁舎移転条例の制定を請求したことを受けて20年7月10日に市議会臨時会が開催されたが、庁舎移転については全会一致で継続審査になった。

 市議会の判断を受けて尾脇市長は「市民の最終的な民意を確認し、同じ方向を向いて進めるべきだ」として、同日に庁舎移転新築計画の賛否を問う住民投票条例の制定を議会に提出し、全会一致で可決された。

 20年8月9日に実施された住民投票では8574人が投票(投票率68.83%)。賛成が4080票で反対の4424票を下回った。投票結果に法的な拘束力はないが、尾脇市長は計画の見直しを決めた。