全1273文字
PR

 竹中工務店は、地震時に免震建物がどれだけ変位したかをリアルタイムで確認できる「直立型変位計」を開発したと、2020年9月1日に発表した。既に同社の社員寮や横浜市役所新庁舎に導入している。これまで主流だった変位計は、免震層に担当者が入って計測値を確認する必要があり、余震が続く間などは安全面で課題があった。新しい変位計は免震層に人が入らなくてもデータを確認でき、巨大地震の後に建物を使い続けるべきかを判断する際に役立つ。

直立型変位計は棒状の装置で、免震層の天井と床をつなぐように設置する(写真:竹中工務店)
直立型変位計は棒状の装置で、免震層の天井と床をつなぐように設置する(写真:竹中工務店)
[画像のクリックで拡大表示]

 直立型変位計は棒状の装置で、免震層の天井と床をつなぐように設置する。計測棒(ロッド)が免震層の動きに合わせて傾き、この傾きから建物の水平2方向の変位を割り出す。オプションで計測結果を表示するシステムを設けることができ、建物内の居室にある管理用のパソコンで、計測データの確認や免震部材の健全性を判断できる。

 従来、免震建物の変位を記録するには、ケガキ計を使うケースが多かった。免震層の床面に取り付けたケガキ板に、免震層の天井に設置したケガキ針で傷を付けるようにして変位を記録する。この場合、ケガキ板の記録を確認するには担当者が免震層に入る必要がある。地震直後は余震の可能性から、すぐに免震層に立ち入ることが難しく、地震発生から数日待って確認するケースが多かった。

 一方、計測した変位を電子化して遠隔で確認できる方式として、水平型変位計がある。だが水平型は1台で1方向を計測するため、水平2方向に働く免震建物の変位を計測するには、最低2台設置する必要がある。また、設置にはガイド材などの付属装置も必要になり、広いスペースが必要だった。結果、適用事例は少なかったという。

一般的な変位計であるケガキ計。免震層の床面に取り付けたケガキ板に、免震層の天井に設置したケガキ針で傷を付けるようにして変位を記録する(資料:竹中工務店)
一般的な変位計であるケガキ計。免震層の床面に取り付けたケガキ板に、免震層の天井に設置したケガキ針で傷を付けるようにして変位を記録する(資料:竹中工務店)
[画像のクリックで拡大表示]
計測した変位を電子データ化して、遠隔で確認できる水平型変位計。1台で1方向を計測するため、水平2方向に働く免震建物の変位を計測するには最低2台設置する必要がある。設置面積が広いため、あまり普及していないという(資料:竹中工務店)
計測した変位を電子データ化して、遠隔で確認できる水平型変位計。1台で1方向を計測するため、水平2方向に働く免震建物の変位を計測するには最低2台設置する必要がある。設置面積が広いため、あまり普及していないという(資料:竹中工務店)
[画像のクリックで拡大表示]