全1688文字
PR

 石川県輪島市にある日本航空学園能登空港キャンパス内の校舎などの壁の中から、石こうボードの端材などの廃棄物が見つかった。学校を運営する日本航空学園(山梨県甲斐市)は工事を請け負った前田建設工業に撤去費用など約50億円を請求した。

 前田建設工業は2020年9月7日にWebサイトでプレスリリースを発表し、「施工当時と現時点とでは問題意識に相当の隔たりがある」と反論。加えて、国土交通省が設置する中央建設工事紛争審査会に調停を申し立てたと明かした。申請は20年7月28日付だ。

日本航空高等学校石川の校舎の様子。壁を剥がすと、中から石こうボードの端材が見つかった(写真:日本航空学園)
日本航空高等学校石川の校舎の様子。壁を剥がすと、中から石こうボードの端材が見つかった(写真:日本航空学園)
[画像のクリックで拡大表示]
壁の中からは石こうボードの端材だけでなく、使用済みの軍手や木くずなども出てきた(写真:日本航空学園)
壁の中からは石こうボードの端材だけでなく、使用済みの軍手や木くずなども出てきた(写真:日本航空学園)
[画像のクリックで拡大表示]

 日本航空学園によると、壁の中から廃棄物が見つかったのは大学・高校の校舎と学生寮2棟の計4棟。計30カ所の壁を調査した結果、20カ所以上で石こうボードや使用済みの軍手、木くずといった廃棄物が見つかった。校舎などは03~04年に完成したもので、設計・施工・監理は前田建設工業が請け負っていた。

壁の中から石こうボードの端材などが見つかった4つの建物。それぞれ前田建設工業が設計、施工、工事監理を請け負った。日本航空大学校と日本航空高等学校石川の校舎、男子寮は2003年完成。女子寮は04年完成。05年にはそれぞれの建物で雨漏りが発生した(写真:日本航空学園)
壁の中から石こうボードの端材などが見つかった4つの建物。それぞれ前田建設工業が設計、施工、工事監理を請け負った。日本航空大学校と日本航空高等学校石川の校舎、男子寮は2003年完成。女子寮は04年完成。05年にはそれぞれの建物で雨漏りが発生した(写真:日本航空学園)
[画像のクリックで拡大表示]

 廃棄物が見つかった建物では05年から雨漏りが発生。学園は前田建設工業に修繕を求めたが、修繕をしても毎年のように雨漏りやカビが発生していた。学園はコロナ禍による休校期間を利用して20年4月、建設コンサルタント会社のウトロン(東京・港)に原因究明と修繕工事を依頼し、工事に取り掛かったところ廃棄物が残置されていることが判明した。

 20年5月に前田建設工業の担当者が来校し、廃棄物の撤去を行いたいと申し出たが、学園側はウトロンに撤去・処分作業を依頼する意向を伝えた。日本航空学園能登空港キャンパスの梅沢慶臣学園長は、「雨漏りの修繕にまともに対応してくれなかった。ゴミを放置されていたことも明らかになり、前田建設工業を信用できない」と憤る。