全1353文字
PR

 自律走行するモビリティーや遠隔操作できるロボットが、東京・羽田にできたスマートシティーに集結した。大手建設会社の鹿島が、デジタルツインで一元管理する。社会実装に向けた課題の抽出や、施設運営の効率化に取り組む。

 鹿島ら9社が出資する羽田みらい開発(東京・大田)などは2020年9月18日、先端技術の実証実験を始めた。舞台は、羽田空港の沖合移転後の跡地開発の1つである複合施設「羽田イノベーションシティ」(同)だ。

 モビリティー関連では、自律走行する低速電動カートを活用して、施設内のコリドーを往復する実証実験を実施する。手掛けるのは、羽田みらい開発と半導体商社のマクニカ(横浜市)、香港のスタートアップであるパーセプティンの日本法人だ。「多くの人が集まる商業施設での実験は初めてなので、技術面の改善点などを洗い出したい」とマクニカの岡田紀一郎テクニカルマーケティング部長は話す。

羽田みらい開発とマクニカ、パーセプティンの日本法人は低速電動カートを活用して、施設内のコリドーを往復する実証実験を実施する。保安用の人員が乗った上で、自律走行する(写真:日経アーキテクチュア)
羽田みらい開発とマクニカ、パーセプティンの日本法人は低速電動カートを活用して、施設内のコリドーを往復する実証実験を実施する。保安用の人員が乗った上で、自律走行する(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

 自律走行バス「NAVYA ARMA(ナビヤ アルマ)」(仏Navya製)は、施設内を定期的に巡回する。来訪者は無料で乗車できる。車両の運行には、ソフトバンク子会社のBOLDLY(東京・千代田)が開発した自動運転車両運行プラットフォーム「ディスパッチャー」を活用する。車両を遠隔地で管理・監視できるシステムだ。

羽田イノベーションシティを巡回する自律走行バス。羽田みらい開発やBOLDLY、マクニカ、日本交通(東京・千代田)が手掛ける(写真:日経アーキテクチュア)
羽田イノベーションシティを巡回する自律走行バス。羽田みらい開発やBOLDLY、マクニカ、日本交通(東京・千代田)が手掛ける(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]