全1368文字
PR

 竹中工務店とSBテクノロジー、NEC、サイバートラストの4社は2020年10月7日、ビルディングオートメーション(BA)システムに対するサイバー攻撃を防ぐ実験を竹中工務店グループが所有するビルで実施し、従来より高い安全性を確認できたと発表した。4社は、セキュリティー対策に「Smart Secure Service(スマート・セキュア・サービス)」と呼ばれるシステムを新たに導入した。

 経済産業省が策定している、BAシステムに対するサイバーセキュリティーガイドラインなどの業界指針に準拠しながら、より高度なBAシステムを備えたスマートビルやスマートシティーの実現を共同で推進していく。

 昨今のBAシステムは、建物の内外にある様々なシステムやIoT(インターネット・オブ・シングズ)機器とつながっている。多様なデータを利用することで、建物内の利便性向上などが期待される。

 その一方で、BAシステムに対するサイバー攻撃のリスクも増大している。スマートビルやスマートシティーの構築では、これまで以上に高いセキュリティー対策が求められるわけだ。BAシステムが攻撃を受けて乗っ取られたり、機能不全に陥ったりすれば、スマートビルやスマートシティー全体が脅威にさらされる。

 これまでのBAシステム向けのセキュリティーでは主に、建物の外からのサイバー攻撃に対してファイアウオールで防御するのが一般的だった。だがそれだけでは、不正侵入された後や建物内部からの攻撃、ウイルス感染に対しては、対策が十分とは言えない状態だったという。

 そこでSmart Secure Serviceは「IDS/IPS(不正侵入の検知と防御)機能」と「登録済みの端末を認証する機能」を搭載。内部からの攻撃やウイルス感染に、より強固なセキュリティーを提供する。

BAシステム向けの従来のセキュリティー対策と、新たに導入した「Smart Secure Service」の比較。後者は建物内部からの攻撃にも対応可能(資料:竹中工務店、SBテクノロジー、NEC、サイバートラスト)
BAシステム向けの従来のセキュリティー対策と、新たに導入した「Smart Secure Service」の比較。後者は建物内部からの攻撃にも対応可能(資料:竹中工務店、SBテクノロジー、NEC、サイバートラスト)
[画像のクリックで拡大表示]