全789文字
PR

 清水建設とオートデスク(東京・中央)は2020年10月15日、スマートシティーの鍵となる「都市デジタルツイン(電子的な双子)」の実現に向け、その基盤となるデータプラットフォームの整備で協業すると発表した。国内で初めてオートデスクのクラウドサービスを利用し、都市デジタルツインのデータプラットフォームを社会実装する。

 都市デジタルツインとは、フィジカル(現実)空間とサイバー(仮想)空間の両方に建物や街を“構築”し、相互に同期させることを指す。現実空間をセンシングして収集するリアルタイムデータを仮想空間に持ち込み、様々なシミュレーションを実施。結果を現実空間にフィードバックして、都市機能をアップデートしていく。

フィジカル(現実)空間とサイバー(仮想)空間の両方に建物や街を“構築”する(資料:清水建設、オートデスク)
フィジカル(現実)空間とサイバー(仮想)空間の両方に建物や街を“構築”する(資料:清水建設、オートデスク)
[画像のクリックで拡大表示]

 清水建設は都市デジタルツインのデータプラットフォームをいち早く軌道に乗せて、「デジタルゼネコン」のトップランナーを目指すとしている。同社はゼネコンが持つ建設ノウハウを生かし、現実空間だけでなく、デジタル空間も同時に創造していく企業を、デジタルゼネコンと定義している。

 都市デジタルツインの構築には、BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)ソフトが不可欠だ。この分野で圧倒的なシェアを持つオートデスクは、BIMソフト「Revit(レビット)」などを武器に、清水建設と共同でデータプラットフォームを整備する。