全1162文字
PR

 鹿島、清水建設、竹中工務店の3社は2020年10月19日、ロボット施工・IoT(モノのインターネット)分野の技術連携に関する基本合意書を結んだと発表した。

鹿島、清水建設、竹中工務店の3社による技術連携のイメージ。具体的な連携領域は現時点では検討中だ(資料:鹿島、清水建設、竹中工務店)
鹿島、清水建設、竹中工務店の3社による技術連携のイメージ。具体的な連携領域は現時点では検討中だ(資料:鹿島、清水建設、竹中工務店)
[画像のクリックで拡大表示]

 この技術連携は、鹿島と竹中工務店が19年12月にスタートさせた協業の取り組みに清水建設が新たに参加するもの。3社の既存ロボットを相互に利活用しながら改良を施すほか、新規ロボットの共同開発などに取り組む。研究開発費や生産コストの低減につなげ、ロボットの普及・促進を図る考えだ。スーパーゼネコン3社が手を組むことで現場導入までのスピード感を高め、業界全体の生産性向上を目指す。基本合意書の契約期間は24年3月まで。

 清水建設で生産技術本部長を務める印藤正裕専務執行役員は、2社の技術連携に新たに加わる理由について次のように説明する。「もともと、現場での実用性や安全性を社内で確認できれば、新しい技術は自社単独でも、オープンにしていきたいと考えていた。その延長線上の取り組みの1つが3社連携だ」

3社連携の対象技術は今後具体的に

 3社による技術連携の対象は、施工関連技術のうち、ロボットや機械装置、ソフトウエア、IoT技術に関連するものとした。鹿島と竹中工務店の2社連携の時点では、両社が個別に開発していた技術の重複領域に着目。現場内の資機材搬送の自動化とロボットの施工管理を一元化するシステムや、タワークレーンの遠隔操作システムの開発を進めてきた。

 清水建設を加えた3社連携でも業界で共通化できる技術を優先することとし、今後、具体的な連携領域を決める。