全1248文字
PR

 清水建設は、宗教法人生長の家の中規模オフィスビル「森の中のオフィス」(山梨県北杜市)で使用電力を100%自給自足するオフグリッド運用を導入した。中規模オフィスビルにおけるオフグリッド運用の導入は、国内で初めてだという。2020年10月20日に発表した。

宗教法人・生長の家の中規模オフィスビル「森の中のオフィス」(山梨県北杜市)の外観。使用電力を100%自給自足するオフグリッド運用を導入した(写真:清水建設)
宗教法人・生長の家の中規模オフィスビル「森の中のオフィス」(山梨県北杜市)の外観。使用電力を100%自給自足するオフグリッド運用を導入した(写真:清水建設)
[画像のクリックで拡大表示]

 森の中のオフィスの建物は、オフィスや倉庫、エネルギーセンターのほか駐車場含め10棟に分かれており、全体の建築面積が5550m2、延べ面積が8154m2。一部鉄骨造の木造2階建てだ。野沢正光氏(野沢正光建築工房代表、東京・世田谷)と故・高間三郎氏(科学応用冷暖研究所所長、東京・大田)が基本設計を担当し、清水建設の設計施工で13年5月に竣工した。

 オフグリッド運用を始めたのは、竣工して約7年がたった20年2月28日からだ。470kWの太陽光発電と175kWのバイオマス発電、1824kWhのリチウムイオン蓄電池2セットを用いて全ての使用電力を自給自足する。蓄電池は米Tesla(テスラ)製だ。蓄電量の3648kWhは、オフィスでの約2~3日分の消費電力量に相当する。

森の中のオフィスを見下ろす。各棟の屋根面に太陽光パネルを敷いている(写真:清水建設)
森の中のオフィスを見下ろす。各棟の屋根面に太陽光パネルを敷いている(写真:清水建設)
[画像のクリックで拡大表示]

 蓄電池は、充放電を制御する技術によって電力需給のバランスを保つ役割を果たす。システムの不具合や保守によるブラックアウトなどの長期間停止を避けるため、2セットの構成にした。また、太陽光発電とバイオマス発電を自動制御することで、過充電や低充電時の放電による蓄電池の機能の自動停止を防ぐ。

 太陽光発電を優先的に稼働して、不足時にバイオマス発電を用いる。20年の5月と8月は太陽光が豊富にあったため、バイオマス発電は使わなかった。建物が立つ北杜市は全国的にみて日照率が高く、太陽光発電の利用に適している。