全2190文字
PR

 福島県郡山市内の飲食店「しゃぶしゃぶ温野菜郡山新さくら通り店」で20人が死傷した2020年7月30日の爆発事故は、配管の腐食部分からガスが漏洩し、何らかの理由で着火したことが原因だとみられる――。経済産業省は20年12月11日、産業構造審議会保安・消費生活用製品安全分科会液化石油ガス小委員会(委員長:大谷英雄・横浜国立大学教授)で調査結果を報告した。同省は福島県と情報を共有しながら、引き続き調査を進める。

爆発が起こった店舗の様子。外壁や屋根が吹き飛び、鉄骨の架構のみになった。死者1人、負傷者19人の人的被害に加えて、周辺建物にも大きな被害を与えた(写真:郡山地方広域消防組合)
爆発が起こった店舗の様子。外壁や屋根が吹き飛び、鉄骨の架構のみになった。死者1人、負傷者19人の人的被害に加えて、周辺建物にも大きな被害を与えた(写真:郡山地方広域消防組合)
[画像のクリックで拡大表示]

 事故が起こった店舗は改装工事中で、事故前日はガスコンロをIH調理器具に変更するためのコンセントの増設作業を行っていた。事故当日は、店舗の内装工事を請け負っていた小西造型(仙台市)の社員で現場責任者の男性1人が爆発に巻き込まれて死亡し、通行人など19人が負傷した。周辺建物に与えた被害も大きく、郡山地方広域消防組合によると304棟で窓ガラスや外壁の破損といった被害が確認されている。

 経産省が調査を委託した高圧ガス保安協会が、事故後に飛散した設備の部品などを組み合わせて配置状況を検証した結果、厨房のシンク下を通るSGP配管(白管)に腐食が見つかった。腐食は床面側を中心に複数確認され、なかには亀裂が生じている箇所もあった。

高圧ガス保安協会が作成した白管の設置状況の図。事故後に飛散した設備の部品などを組み合わせて検証した結果、厨房のシンク下の白管に腐食と3カ所の亀裂が見つかった(資料:経済産業省)
高圧ガス保安協会が作成した白管の設置状況の図。事故後に飛散した設備の部品などを組み合わせて検証した結果、厨房のシンク下の白管に腐食と3カ所の亀裂が見つかった(資料:経済産業省)
[画像のクリックで拡大表示]

 経産省が、この店舗のガス管などの点検を実施していた郡山LPガス保安管理センター(福島県郡山市)の点検・調査記録を確認したところ、19年12月の調査時点で配管の状態や腐食防止措置に問題はないと報告していた。また、点検時に実施した圧力検査でも異常はなく、ガス漏れはないとしていた。

 経産省産業保安グループガス安全室は、「19年12月の点検後に腐食が急速に進んだとは考えにくい。点検時に腐食を見つけられなかった可能性がある。その後、さらに腐食が進み、生じた亀裂からガス漏れしたのではないか」と点検結果を疑問視する。

 さらに、経産省のガス安全室は「事故前の配管の設置状況は、違法だったのでは」とも指摘する。白管は湿気に弱いため、液化石油ガス法では白管を屋内に設置する場合、多湿部や水の影響を受ける恐れがある場所を避けて、コンクリート面などの導電性の支持面に直接触れないようにすることを義務付けている。ところが、高圧ガス保安協会の調査ではそれらの措置が講じられていた形跡は確認できなかった。

 福島県は20年12月、店舗にガスを供給していた伊東石油(福島県郡山市)と郡山LPガス保安管理センターに立ち入り検査を実施した。県消防保安課の鈴木俊明課長は、「経産省など関係機関と検査結果を共有し、行政指導の必要性などの検討を進める」と説明する。