全1512文字
PR

 清水建設は2021年1月14日、木造建築の火災を自動火災報知(自火報)設備よりも早く検知できるシステムを開発したと発表した。木材が燃えたときに出る特有のガスをセンサーでキャッチし、火災をすぐに知らせる。火災時の煙ではなく、特有ガスに着目したシステムによる検知の普及が加速する可能性が出てきた。

 19年7月に同社が物流施設向けに開発した早期火災検知AI(人工知能)システム「火災検知@Shimz.AI.evo」の仕組みを、木造建築にも適用。実証実験で火災の検知を確認できたため、システムの提供開始を決めた。料金は、火災検知の対象面積が1m2当たり、3000~5000円程度(エンジニアリング費を含む)になる。

 実験ではISO7204に基づき、広さ60m2(10m×6m)、高さ4mの部屋を施設内に用意した。部屋の中央に加熱機を置いて木材を燃やし、3m離れた天井にガスセンサーを取り付けて、特有ガスの検知にかかった時間やガス濃度の関係などを分析した。その結果、木造建築の火災を確実に検知できることを確認したという。なお、実験時の写真は非公開だ。

 木材の初期燃焼時には、目に見えない一酸化炭素(CO)などを含む特有ガスが発生し、拡散する。その検知の可能性を検証するため、清水建設は火災安全工学の専門家である横浜国立大学大学院環境情報研究院の岡泰資教授から助言を受けた。

 火災検知@Shimz.AI.evoは、物流センターの相次ぐ大規模火災を防ぐため、清水建設が開発したシステムだ。センターに大量に保管されている段ボールに注目し、段ボールが燃えたときに発生する特有ガス「エイコサン」を火災検知に利用できないか検証を始めたのがきっかけになっている。

 清水建設はエイコサンが、燃焼で出る煙よりも早く、建屋内に拡散することに着目した。これをガスセンサーで検知し、ガスの特徴を学習したAIが火災の発生なのかどうかを判断。火災と分かれば、すぐに関係者に知らせる。