全2030文字
PR

 大阪府岸和田市が新庁舎の設計・施工者を選ぶために実施した公募型プロポーザルを巡って、混乱が広がっている。1次審査を通過した3者のうち2者を失格とした市の決定プロセスに対し、審査を担う選定委員会の外部委員5人のうち4人が異議を唱えて辞任。4人の元委員は2021年1月5日、「公共建築の制度設計上、大きな禍根を残す」などと表明した。委員会の役割や在り方に対する市との認識の隔たりが、異例の大量辞任につながった。

岸和田市が老朽化などを理由に建て替えを検討している現庁舎の外観(写真:岸和田市)
岸和田市が老朽化などを理由に建て替えを検討している現庁舎の外観(写真:岸和田市)
[画像のクリックで拡大表示]

 問題発生までの経緯は次の通りだ。老朽化や耐震性能の不足を理由に現庁舎の建て替えを検討してきた岸和田市は20年3月、新庁舎の整備基本計画を作成。20年6月に公募型プロポーザルを公告した。設計・施工を一括で発注するデザインビルド方式を採用。提案上限価格は127億500万円(税込み)だ。

 設計・施工者の選定に当たっては、建築や都市計画などを専門とする外部委員5人に堤勇二副市長を加えた計6人による「岸和田市新庁舎設計及び施工事業者選定委員会」を設置し、審査を進めた。委員長には京都工芸繊維大学の仲隆介教授が、副委員長には京都大学大学院の川﨑雅史教授が就任。シーラカンスアンドアソシエイツ(東京・渋谷)の赤松佳珠子代表、設計組織アモルフ(京都市)の竹山聖代表、大阪府立大学の橋爪紳也特別教授が委員に名を連ねた。

 プロポーザルに参加したのは3者。社名を伏せて20年9月に実施した1次審査を3者とも通過し、2次審査に進んだ。問題は、2次審査用技術提案書の提出期限である20年11月26日に起こった。市の説明によると、市役所に足を運んで書類を提出した3者のうち2者の構成企業が秘書課を訪れ、永野耕平市長と堤副市長が在席しているか確認。不在と分かると市職員に名刺を言付けて帰ったという。

 市は20年12月3日、2者の行動がプロポーザルの実施要領に定めた規定に抵触するとして失格の決定を下した。要領には「本プロポーザルにおける選定委員会の委員及びアドバイザーに対して、直接、間接を問わず故意に接触を求めた場合(原文ママ)」に失格になる可能性があると明記しており、2者には選定委員会の委員である副市長に接触する意思があったと判断したからだ。2者は失格の決定前に市に対して弁明書を提出したが、判断は覆らなかった。

 市は同日、2者を失格とする判断を選定委員会に知らせたうえで、残る1者の提案のみを2次審査で審査するよう要請した。ところが、市の決定プロセスに対して外部委員が異議を唱えたため、20年12月4日に予定していた2次審査は中止に。その後、仲教授、川﨑教授、赤松氏、竹山氏の4人が辞任する事態に発展した。

 市は、辞任した外部委員の代わりに幹部職員2人を加えて選定委員会を再編。20年12月27日に1者のみの2次審査を実施し、梓設計・隈研吾建築都市設計事務所・大成建設・矢野建設共同企業体(JV)を特定した。4人の外部委員はなぜ、そしてどのような考えを基に辞任したのか。

梓設計・隈研吾建築都市設計事務所・大成建設・矢野建設共同企業体(JV)による技術提案の内容(資料:岸和田市)
梓設計・隈研吾建築都市設計事務所・大成建設・矢野建設共同企業体(JV)による技術提案の内容(資料:岸和田市)
[画像のクリックで拡大表示]