全1142文字
PR

 大成建設は2021年2月1日、設計・施工のBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)データと設備などの運用管理データ、そして竣工後にセンサーなどで収集する建物の稼働・運転データや人流データなどを結び付けて一元管理できるシステム「LifeCycleOS(ライフサイクルOS)」を開発し、顧客に実装提案を始めたと発表した。BIMデータと建物の運用管理データ、建屋や設備の利用データをデジタルツイン上で統合し、クライアントが建物を有効利用できるように支援する。LifeCycleOSは有償での提供を想定している。

建物のデジタルツインの例(資料:大成建設)
建物のデジタルツインの例(資料:大成建設)
[画像のクリックで拡大表示]

 LifeCycleOSは、BIMデータと設計・施工段階で決める建物の運用管理データを、米マイクロソフトのクラウドサービス「Microsoft Azure」上で組み合わせる「サービス用BIM」に、竣工後に蓄積していくIoT(モノのインターネット)やロボット、エネルギーといった施設内の利用実績データをひも付けるものだ。これまでBIMデータと運用管理データは別々に保管されていたり、運用管理データが整備不足だったりすることが多かった。そのため、建物の竣工後に取得するセンシングデータと融合して有効活用するには、データの再統合が必要になるなど大きな手間がかかっていた。

LifeCycleOSの全体像。建物の設計・施工の情報と運用情報、竣工後の稼働情報を一元管理する(資料:大成建設)
LifeCycleOSの全体像。建物の設計・施工の情報と運用情報、竣工後の稼働情報を一元管理する(資料:大成建設)
[画像のクリックで拡大表示]

 そこで大成建設は19年からMicrosoft Azure上で、BIMデータと建物の運用管理データ、そしてセンシングデータを統合できるシステムの開発を進めてきた。LifeCyleOSを使えば、設計・施工の正確な情報の下、建屋や設備がどのように使われているかを表すデータをリアルタイムでビルのオーナーや管理者などに提供できるという。外部から入手する気象や交通情報といったオープンデータや各種アプリケーションとの連携も可能になる。