全1160文字
PR

 「オールタイムリアルZEH」。これは、OMソーラー(浜松市)による造語で、電気を買わずに完全自給している状態を示す。ヒートポンプと太陽光パネルを併用した独自設備「OMX」に蓄電池を組み合わせ、災害などで停電した際に必要最低限の全館空調と給湯、家電設備の消費電力を賄う、同社の新しいシステム名にも使われている。

「オールタイムリアルZEH」の仕組み。太陽光パネルと太陽熱を併用するOMXに蓄電池を組み合わせる(資料:OMソーラー)
「オールタイムリアルZEH」の仕組み。太陽光パネルと太陽熱を併用するOMXに蓄電池を組み合わせる(資料:OMソーラー)
[画像のクリックで拡大表示]

 同社はこのシステムで、「オールタイムリアルZEHの状態になる時間帯を年間で80%に」という目標を掲げている。太陽光パネルの発電量で消費電力量を賄う割合を示す「電力自給率」を100%にするよりも、さらにハードルが高い挑戦だ。現在は、浜松市内で断熱改修した築30年のOMソーラー住宅を使って、住民が生活している状態での達成状況を調べている。

2020年12月から電気の発電量と消費量を測定している浜松市内の住宅。築30年のOMソーラー住宅を断熱改修した(写真:OMソーラー)
2020年12月から電気の発電量と消費量を測定している浜松市内の住宅。築30年のOMソーラー住宅を断熱改修した(写真:OMソーラー)
[画像のクリックで拡大表示]

 オールタイムリアルZEHでは、パッシブデザインの高断熱住宅に、蓄電容量7kWhの蓄電池と最大出力7kWの太陽光パネルを設置。太陽熱と排熱を利用するOMXで冷暖房と換気、給湯を動かすことで消費電力を抑える。住宅の断熱性能は、「20年先を見据えた日本の高断熱住宅研究会」(HEAT20)の推奨する断熱性能グレード「G1」以上を要望する。

 蓄電池とパワーコンディショナーには、200Vにも対応し、定格出力が5.5kWと大きい田淵電機(大阪市)の「EIBS7」を採用した。OMXと太陽光パネル、蓄電池、高性能フィルターの設置一式で約650万円が導入費の目安。20年度のサステナブル建築物等先導事業「省CO2先導型」に選ばれており、1戸当たり190万円の補助金が使える。

小屋裏に設置したOMX(写真:OMソーラー)
小屋裏に設置したOMX(写真:OMソーラー)
[画像のクリックで拡大表示]
田淵電機製の蓄電池(写真:OMソーラー)
田淵電機製の蓄電池(写真:OMソーラー)
[画像のクリックで拡大表示]