全1366文字
PR

 清水建設は2021年2月24日、室内に外気を取り込んでも騒音はほとんど入らない新しい給気スリット「しずかスリット」をオイレスECO(東京・品川)と共同開発し、実用化したと発表した。建物内の感染症対策や省エネルギーに必要な自然換気用の外気吸い込み口として活用する。騒音低減機能を備えた給気スリットは前例がないという。

給気スリット「しずかスリット」。開閉装置の下部にある片側の吸音材と両側の共鳴器が特徴(資料:清水建設)
給気スリット「しずかスリット」。開閉装置の下部にある片側の吸音材と両側の共鳴器が特徴(資料:清水建設)
[画像のクリックで拡大表示]

 しずかスリットは開閉装置と一体になったユニットとして、外装材に組み込む。オイレス工業の子会社でビル用設備機器メーカーであるオイレスECOがユニットを製作。清水建設に独占供給する。主にオフィスやホテルなどに提供することを想定している。

 ユニット価格は、開閉装置だけの既存品に比べると2倍くらいの金額になる見込みだ。2~3年先には清水建設以外の企業にも、外販を予定している。

 新型コロナウイルス感染症の対策やZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)を実現する手段として、自然換気設備を採用する建物が増えている。通常は外壁に外気を取り入れる給気スリットを設けるが、外の騒音も一緒に入り込むことになる。室内がうるさくなり、部屋の音環境が悪化する。換気したければ、騒音は我慢するのが一般的だった。

 自然換気設備を導入しても、給気スリットは閉じたままの建物が多く見受けられるのが実情だという。そこで清水建設は、給気スリットに騒音を抑える吸音・共鳴機能を組み込んだ仕組みをコロナ禍の前から研究していた経緯がある。

しずかスリットの仕組み。吸音材と共鳴器で騒音の侵入を減らす(資料:清水建設)
しずかスリットの仕組み。吸音材と共鳴器で騒音の侵入を減らす(資料:清水建設)
[画像のクリックで拡大表示]

 開発したしずかスリットの断面は、従来の給気スリットと同じくL字型をしている。スリット幅は30mmだ。しずかスリットを組み込んでも、室内からの見た目は従来と変わらない。

スリット幅は30mm(資料:清水建設)
スリット幅は30mm(資料:清水建設)
[画像のクリックで拡大表示]
遮音性能試験のときの様子。室内側からしずかスリットを見たところ。ユニット上部だけが見えている。室内側の見た目は通常スリットと全く同じ(資料:清水建設)
遮音性能試験のときの様子。室内側からしずかスリットを見たところ。ユニット上部だけが見えている。室内側の見た目は通常スリットと全く同じ(資料:清水建設)
[画像のクリックで拡大表示]

 スリット下部の通気経路から入る外気は、スリットの片側に組み込んだ吸音材と、スリットの両側に組み込んだ共鳴器、最後に開閉装置を通って室内に入る。吸音材は、耐候性と耐水性を備えた不燃性ポリエステル繊維でできている。多孔質な繊維で音を吸収する仕組みを利用する。騒音の中でも主に、中・高周波域の騒音を吸収する。

 一方、共鳴器は吸音材では対応しきれない中・低周波域の騒音を減らす。共鳴器はスリットに面する開口と、開口に続く容器(空洞)で構成。開口の大きさと長さ、容器容量で周波域を調整し、特定周波域の騒音が開閉装置まで進まないように遮断する。

共鳴器による騒音遮断の効果検証(資料:清水建設)
共鳴器による騒音遮断の効果検証(資料:清水建設)
[画像のクリックで拡大表示]

 スリットの両側に別々の周波域の騒音に対応する共鳴器を置けば周波域を広げられ、同じものを置けば特定周波域の遮音性能を高められる。減らしたい騒音の周波数に応じたカスタマイズもできる。