全1355文字
PR

 大成建設は2021年3月11日、人工知能(AI)を活用した設計者の支援システム「AI設計部長」の開発に、20年度から着手したことを明らかにした。過去の設計技術情報をデータベース(DB)に蓄積し、新たに作製する図面のチェックや構造設計の指針決定、設備仕様の選定などをAIがサポートする仕組みを構築する。

 建築・構造・設備の各設計に対してアドバイスをしてくれるAIを「設計部長」に例え、23年度までに段階的に運用を始める。設計に関する社員の知見やノウハウを有効活用することで、設計業務を大幅に効率化するのが狙いだ。設計者の働き方改革を推進し、生産性を高めるのが「AI設計部長」の主な役目となる。

「AI設計部長」の役割例(資料:大成建設)
「AI設計部長」の役割例(資料:大成建設)
[画像のクリックで拡大表示]

 具体的には、基本・実施設計の完了前の図面チェックや、構造設計の手戻りを減らすデザインレビュー、建築図面から自動で室名を読み取ったうえで床面積を算出して設備項目の参考値を提示すること、などが挙げられる。

「AI設計部長」の概念図(資料:大成建設)
「AI設計部長」の概念図(資料:大成建設)
[画像のクリックで拡大表示]

 大成建設における現状の設計業務は、それぞれの案件で発生する初期段階の与件分析や敷地に関する法律・条例などの情報整理、過去の事例検証などに、多くの時間を割いている状態である。これらの作業は設計者の知見やノウハウが属人化しやすく、全社で共有されにくかったという。

 そこで過去の設計業務で経験した内容を社内で共有できるように、ナレッジデータとしてDBに集約。そこから「AI設計部長」が適切な情報を抽出して設計者に伝えることで、設計業務の効率化と品質向上に生かす。「AI設計部長」は助言を繰り返しながら設計者からフィードバックをもらい、学習していく。

 それには過去の設計情報を集積する設計技術情報DBの整備が欠かせない。まずは、実際のプロジェクトでの検証記録や会議での指摘事項、そして社内で承認された内容といった情報を蓄積する。こうしてDBの中身を充実させながら、同時に設計者が抱える課題や悩みを「AI設計部長」が的確に判断し、問題解決や作業効率につながる最適な情報のレコメンドを学ぶ。