全1431文字
PR

 東急建設は2021年5月13日、建築工事におけるBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)の活用を全社で推進するため、「BIMファーストモデル」を作成し、一定規模以上の全ての建築作業所に対して着工前に導入すると発表した。

 ここでいうBIMファーストモデルとは、意匠・構造・設備を網羅した設計図書をBIMで表現したデータのこと。このデータを施工計画の検討フェーズから、作業所で利用できるようにする。早い段階で設計の不整合を発見し、納まりを決めていく。3DのBIMファーストモデルを使えば、従来の図面では確認が難しかったところまで詳細に見ることができる。

3DのBIMモデルを見ながら、意匠・構造・設備の設計の不整合を施工開始前に作業所で見極め、納まりなどをあらかじめ検討する。BIMを使えば、あらゆる角度から設計図の詳細まで確認できるので、関係者間の情報共有や合意形成がスムーズに進むことを期待できる(写真:東急建設)
3DのBIMモデルを見ながら、意匠・構造・設備の設計の不整合を施工開始前に作業所で見極め、納まりなどをあらかじめ検討する。BIMを使えば、あらゆる角度から設計図の詳細まで確認できるので、関係者間の情報共有や合意形成がスムーズに進むことを期待できる(写真:東急建設)
[画像のクリックで拡大表示]

 これまで一部の設計情報は、工事が始まってから届くことが多かった。問題に気づくのが遅れ、手戻りが発生する要因の1つになっていた。

意匠・構造・設備を含む「BIMファーストモデル」の例(資料:東急建設)
意匠・構造・設備を含む「BIMファーストモデル」の例(資料:東急建設)
[画像のクリックで拡大表示]

 東急建設は建築工事の生産システム改革として、19年1月からBIMファーストモデルの作成を開始した。ただしこれまでは構造BIMモデルに限られており、意匠設計や設備設計の情報は含まれていなかった。例えば鉄骨造の建物なら、鉄骨の躯体(くたい)と床スラブで表現した構造BIMモデルしかなく、外壁などの意匠設計や設備設計の情報はなかった。

これまで作業所に提供していたのは、構造BIMモデルに限られていた(資料:東急建設)
これまで作業所に提供していたのは、構造BIMモデルに限られていた(資料:東急建設)
[画像のクリックで拡大表示]

 そこで21年度からは「外装および一部の内装」と「外構」の意匠設計情報と、「設備」の設計情報を整えたBIMデータを作成し、作業所に渡す体制に切り替える。東急建設は意匠と構造、設備の全ての情報を持つBIMデータを「統合BIMモデル」と呼び、これを21年度からのBIMファーストモデルとする。

意匠(内外装や外構)と設備の設計情報を含めた「統合BIMモデル」で、BIMファーストモデルを作成する(資料:東急建設)
意匠(内外装や外構)と設備の設計情報を含めた「統合BIMモデル」で、BIMファーストモデルを作成する(資料:東急建設)
[画像のクリックで拡大表示]

 東急建設はまず、受注額が5億円を超える新築プロジェクトの作業所からBIMファーストモデルに切り替えていく。20年度の案件実績を参考にすると、年間50~60件ほどのプロジェクト数になる。

 建築工事の着工前に、作業所が意匠と構造、設備をトータルで確認できるようになれば、仕上げ部材や配管などの不整合を早期に見つけられる。すると施工の難易度も事前に把握しやすくなる。手戻りを減らせたり、コストを削減できたりすることを期待できる。

赤丸の部分は意匠と設備がバッティングしているので、不整合の修正が必要だと分かる。問題点を建築着工前に発見しやすい(資料:東急建設)
赤丸の部分は意匠と設備がバッティングしているので、不整合の修正が必要だと分かる。問題点を建築着工前に発見しやすい(資料:東急建設)
[画像のクリックで拡大表示]

 これにより、30年度までに建築工事の生産性を現在より30%向上させることを目指す。同時に品質向上にもつなげる。全ての設計情報が3DのBIMファーストモデルに含まれていれば、建て主など関係者との合意形成や専門工事会社との連携もスムーズになる。

BIMファーストモデルの展開イメージ(資料:東急建設)
BIMファーストモデルの展開イメージ(資料:東急建設)
[画像のクリックで拡大表示]