全716文字
PR

 大成建設は、ウイルスや細菌を抑制する深紫外線を照射する空間殺菌灯「T-LED DUV Light」を遠藤照明と共同で開発した。照射する深紫外線は人体にも影響することに配慮し、東光高岳(東京・江東)と共同で、室内に人がいないときに深紫外線を照射する安全制御システムも併せて開発。2021年4月27日に発表した。

 T-LED DUV Lightは、発光効率と殺菌効率が高い波長280nmの光を照射するLEDを使用している。天井高2.5~3m程度の位置に設置し、机上面に2~3時間、深紫外線を照射すると、細菌やウイルスを99%程度抑制できることを確認しているという。

空間殺菌灯「T-LED DUV Light」。天井への埋め込み設置を想定したダウンライト型を採用した(写真:大成建設)
空間殺菌灯「T-LED DUV Light」。天井への埋め込み設置を想定したダウンライト型を採用した(写真:大成建設)
[画像のクリックで拡大表示]

 形状は、天井への埋め込み設置を想定したダウンライト型を採用した。既存施設にも導入しやすいよう、軽量にしている。一般に使われる紫外線蛍光灯はランプのサイズが大きいため、器具が大きくなる課題があった。寿命についても、紫外線蛍光ランプより約7倍にできる実力があるという。

事務所や会議室で深紫外線を照射するイメージ。一般照明がOFFになり、人検知センサーで人がいないことを確認してから深紫外線を照射し、ウイルスを不活性化する(資料:大成建設)
事務所や会議室で深紫外線を照射するイメージ。一般照明がOFFになり、人検知センサーで人がいないことを確認してから深紫外線を照射し、ウイルスを不活性化する(資料:大成建設)
[画像のクリックで拡大表示]