全2681文字

 建築や土木の分野でVR(バーチャルリアリティー)の活用が進んでいる。建設系VRの多くは、静止画像を3次元で見るものだが、今回のポイントは「動画」だ。NHKエンタープライズと隈研吾氏は、隈氏が手掛けた主要な建築物を3次元の全天周カメラで動画撮影した作品集の制作を進めている。2021年5月18日、19日の2日間をかけて、埼玉県所沢市にある近作「ところざわサクラタウン」(20年竣工)の撮影を実施した。

ところざわサクラタウンの屋外広場で機材をセッティングする様子。ところざわサクラタウンは、KADOKAWAが建設・運営する書籍製造・物流工場やオフィス、ホテル、ショップ、神社、ミュージアムなどから成る複合施設。2020年に完成した。鹿島が設計し、隈氏がデザインを監修。後ろに見える巨大岩石のような建物は「角川武蔵野ミュージアム」(写真:宮沢 洋)
ところざわサクラタウンの屋外広場で機材をセッティングする様子。ところざわサクラタウンは、KADOKAWAが建設・運営する書籍製造・物流工場やオフィス、ホテル、ショップ、神社、ミュージアムなどから成る複合施設。2020年に完成した。鹿島が設計し、隈氏がデザインを監修。後ろに見える巨大岩石のような建物は「角川武蔵野ミュージアム」(写真:宮沢 洋)
[画像のクリックで拡大表示]

 この記事を書いているのは、このほど日経BPから書籍『隈研吾建築図鑑』を発刊した宮沢洋である。隈氏が取り組む「建築の新しい伝え方」への興味から、2日間の撮影を見学させてもらった。

 VR作品集は、NHKエンタープライズが隈氏の協力を得て、19年から制作を始めたもの。作品集の正式タイトルは「Kengo Kuma Immersive Collection」。「Immersive」は、「没入型」の意味だ。有料ではなく、作品ごとに協賛社を得て無料で世界に発信。教育コンテンツなどとして広く活用されることを意図している。

角川武蔵野ミュージアム内の「本棚劇場」で撮影に必要な機材をセッティングする様子(写真:宮沢 洋)
角川武蔵野ミュージアム内の「本棚劇場」で撮影に必要な機材をセッティングする様子(写真:宮沢 洋)
[画像のクリックで拡大表示]

 ところざわサクラタウンのVR作品は、第1作の「東京大学大学院情報学環ダイワユビキタス学術研究館」(14年竣工)、第2作の「高輪ゲートウェイ駅」(20年竣工)、第3作の「TOYAMAキラリ」(15年竣工)に続く、4作目となる。1作品当たり10分ほどのVR実写映像で、隈氏自身が英語で解説している。

 第1作と第2作はすでに公開されており、隈研吾建築都市設計事務所のサイトの「KUMA VIDEO」で見ることができる サイトのページ

 普通のパソコン画面で見ると2次元の映像。画面内の矢印をクリックして、見たい方向に画面を向けるものになる。そのページからYouTubeにアクセスし、スマートフォンでこれを見ると、画面を動かした方向に映像が追随する。さらに、専用のVRゴーグル(ヘッドマウントディスプレー)で再生すると、3次元映像として見ることができる。VRゴーグルは、左右の画像に視差を生じさせることで、映像に奥行き感が生まれるのだ。

専用のVRゴーグル(写真:宮沢 洋)
専用のVRゴーグル(写真:宮沢 洋)
[画像のクリックで拡大表示]

 しつこいようだが、静止画ではなく「動画」である。映像の中の人やエスカレーター、電車などが動いている。静止画のVRは、空っぽの建築を見て歩く感じだが、これは自分が乗り物に乗って実際の景色を見ている感覚に近い。

 VRゴーグルでその“没入感”を確かめたい人は、21年6月18日から9月26日まで東京国立近代美術館(東京・竹橋)で開催される「隈研吾展 新しい公共性をつくるためのネコの5原則」に足を運んでほしい。第3作の「TOYAMAキラリ」をVRゴーグルで体験するコーナーが設けられる予定だ(展覧会で見られるのは短く編集した日本語版)。