全1685文字
PR

 自治体が進める公共施設の改修計画を巡り、新築時の設計者が著作権侵害を理由に裁判所へ工事禁止の仮処分を申し立てる騒動が起こった。申立人で建築家の大宇根弘司氏は、自治体への憤りを隠さない。

日経アーキテクチュアの取材に応じた大宇根弘司氏。国際版画美術館の改修を含む芹ケ谷公園再整備の基本設計を読み解いたが、「既存の美術館内部をわざわざ生活通路にする必然性があるとは思えない」と訴える(写真:池谷 和浩)
日経アーキテクチュアの取材に応じた大宇根弘司氏。国際版画美術館の改修を含む芹ケ谷公園再整備の基本設計を読み解いたが、「既存の美術館内部をわざわざ生活通路にする必然性があるとは思えない」と訴える(写真:池谷 和浩)
[画像のクリックで拡大表示]

 「改修案には驚いた。なぜこんな動線を採用したのか」。日経アーキテクチュアの取材に対し、日本建築家協会(JIA)元会長の大宇根弘司氏(大宇根建築設計事務所)はそう語気を強める。かつて設計を手掛けた施設の改修案について、所有者の東京都町田市を相手取り、2021年4月20日に東京地方裁判所立川支部へ工事禁止の仮処分を申し立てた。東京地裁はこの事案を本庁に移管、6月にも双方への審問手続きを実施する見通しだ。

 問題の施設は、町田市芹ケ谷(せりがや)公園で1986年に竣工した市立国際版画美術館。地下1階・地上3階建て、延べ面積7840.2m2で、2018年には「市民協働の場となっている我が国唯一の版画美術館」として、第27回BELCA賞ロングライフ部門表彰を受けた建物だ。それが改修により「取り返しがつかない状態に破損される恐れがある」(申立書より)という。

美術館内部を「生活通路」に

 町田市は現在、国際版画美術館を含む芹ケ谷公園全体を「パークミュージアム」として再整備する“芸術の杜(もり)”プロジェクトを推進している。市は19年6月、公募型プロポーザルで選出したオンデザイン・stgk・YADOKARI共同企業体と、「公園・美術館一体整備におけるデザイン監修(総合企画)および設計業務」の委託契約を締結、事業着手した。

芹ヶ谷公園で進む再整備計画の概要。谷の底側に位置する既存美術館に加え、崖の上へ美術館を新設し、動線を一体化する。2つの建物はそれぞれの1階で25m程度の高低差があるため、エレベーターで結ぶ(資料:町田市)
芹ヶ谷公園で進む再整備計画の概要。谷の底側に位置する既存美術館に加え、崖の上へ美術館を新設し、動線を一体化する。2つの建物はそれぞれの1階で25m程度の高低差があるため、エレベーターで結ぶ(資料:町田市)
[画像のクリックで拡大表示]

 市の公表資料によると、このプロジェクトは21年12月末までに公園や新設する「国際工芸美術館(仮称)」の実施設計を完了し、発注を進めることになっている。整備費は約40億円を見込む。

 芹ケ谷公園はJRや小田急線の町田駅から約700mという市街地にもかかわらず、約11万m2という面積を有する。プロジェクトはこうした立地を生かす試みだが、近隣住民は現状、鉄道駅まで往復する際に広い公園を迂回しており、公園内に生活通路の整備を求める声が上がっていた。特に公園内には25m程度の高低差があることから、バリアフリーの観点からエレベーターが求められた。

 市は再整備計画において、国際版画美術館の西側に隣接する池を埋めてエレベーター棟を新設するという案を採用した。美術館1階を通り抜けとして公園と駅を結ぶもので、基本設計を20年3月に公表した。通路確保のため美術館内の工房スペースを撤去、さらにエントランスホールも通路とする内容だった。

市の改修計画に対し、大宇根氏側が疑義を呈している点の一部。矢印が改修後の動線で、網かけ部が改修予定の箇所だ。エレベーター棟予定地となった庭園は美術館の重要な眺望を担っていると主張する(資料:大宇根建築設計事務所)
市の改修計画に対し、大宇根氏側が疑義を呈している点の一部。矢印が改修後の動線で、網かけ部が改修予定の箇所だ。エレベーター棟予定地となった庭園は美術館の重要な眺望を担っていると主張する(資料:大宇根建築設計事務所)
[画像のクリックで拡大表示]