全1375文字
PR

 住宅の壁に二重通気工法を採用するサーラ住宅(愛知県豊橋市)は壁体内通気と耐火性能を両立する工法を開発。住宅金融支援機構の省令準耐火「特記仕様認定」を取得した。2021年6月より同工法を備えた住宅の販売を開始した。

 省令準耐火は住宅金融支援機構が定める独自の規定で、建築基準法で定める準耐火構造に準ずる防火性能(15分耐火)が求められる。適合した住宅は火災保険における構造級別が鉄骨造と同等となり、保険料が一般的な木造のほぼ半額になる。

 サーラ住宅は1988年より一般的な外壁通気工法に加えて壁の内側にも通気を取る二重通気工法を展開している。この工法は、外張り断熱を採用した際に空隙となる柱・間柱間を通気経路に利用して、夏季における室内の熱負荷を抑えるというものだ。

省令準耐火の認定を取得した住宅のイメージ図。壁と2階床、壁と天井の取り合い部に熱膨張耐火材を設置。火災時には40倍に膨張して隙間を塞ぐ(資料:サーラ住宅)
省令準耐火の認定を取得した住宅のイメージ図。壁と2階床、壁と天井の取り合い部に熱膨張耐火材を設置。火災時には40倍に膨張して隙間を塞ぐ(資料:サーラ住宅)
[画像のクリックで拡大表示]

 基礎に設けた開閉式の換気口から温度の低い空気を床下に取り込み、壁体内に設けた柱・間柱間の空隙を通して小屋裏から外部に排出する。小屋裏には空気を引き上げるためのファンを設置している。これにより、一般的な屋根断熱の住宅では、断熱材の厚みによっては小屋裏の温度が40度を超えることもあるが、同工法では30度程度に低下させ熱ごもりを解消するという。冬季に加え晩秋や早春など気温が低い時期は換気口のダンパーを閉じ、小屋裏のファンも停止して、通気は行わない。

 一方で木造住宅の耐火性能を高めるには壁と床、壁と天井の取り合いなどにファイアストップ材が必須となる。ファイアストップ材とは壁と床などの空隙を塞ぐ木材や無機系断熱材のこと。これにより火災時に炎が広がることを防ぐ。

 サーラ住宅の二重通気工法を機能させるためにはファイアストップ材を設けることはできない。同社設計室開発担当リーダーの加来純子氏は「これまで二重通気工法で省令準耐火仕様の認定を取得することは不可能だと考えており、建て主から省令準耐火を求められる場合は、別の工法で対応していた」と話す。