全2417文字
PR

 三井ホームが東京都稲城市で5階建ての木造マンションを建設している。2021年7月7日、報道陣に建設現場を公開した。高強度の耐力壁を導入し、有効面積を広く確保。遮音性能を高める技術も取り入れて、木造の課題を解消している。

三井ホームが開いた見学会の様子(写真:日経アーキテクチュア)
三井ホームが開いた見学会の様子(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

 同社は、中層以上の共同住宅の木造化・木質化を促進する方針だ。21年7月2日、木造マンションの新ブランド、「MOCXION (モクシオン)」の立ち上げを発表した。稲城市で建設しているマンションは、MOCXIONの第1号物件だ。

上空から見た建設現場の様子(写真:三井ホーム)
上空から見た建設現場の様子(写真:三井ホーム)
[画像のクリックで拡大表示]

外観のイメージ(資料:三井ホーム)
外観のイメージ(資料:三井ホーム)
[画像のクリックで拡大表示]

 このマンションは、京王相模原線の稲城駅から徒歩約4分の場所に位置する。30~40代のファミリー層などをターゲットに据えた賃貸住宅だ。2LDKで専有面積約54m2の住戸など51戸を備える。地上5階建てで、延べ面積は約3700m2だ。

代表的な住戸の平面図。専有面積は約54m<sup>2</sup>(資料:三井ホーム)
代表的な住戸の平面図。専有面積は約54m2(資料:三井ホーム)
[画像のクリックで拡大表示]

 三井ホームが建て主で、設計・施工も手掛ける。20年11月に着工し、21年11月に竣工する予定だ。国土交通省の「サステナブル建築物等先導事業(木造先導型)」の採択を受けている。補助金の上限額は1億2177万円だ。

 敷地は準防火地域にあり、耐火建築物とすることが求められた。1時間耐火とした2~5階には木造の枠組み壁工法を採用。壁や床などは強化石こうボードで耐火被覆する。

 2時間耐火の性能が必要な1階は鉄筋コンクリート(RC)造とした。枠組み壁工法よりもRC造の方が汎用性の高い工法で2時間耐火を実現できる。サステナブル建築物等先導事業(木造先導型)の採択を目指す上で、普及しやすい技術を使う必要があった。また、枠組み壁工法で2時間耐火を実現する場合、耐火被覆を要して壁が厚くなる点もRC造を選択した理由だ。

 木造マンションを実現する上で欠かせなかった技術が、三井ホームの開発した高強度の耐力壁「MOCX wall(モクスウォール)」だ。壁倍率31倍相当の耐力を実現する。この耐力壁の導入によって、住戸の有効面積を広くできる上に、施工コストも安くできる。三井ホームが以前建設した5階建ての木造建築物ではMOCX wallよりも壁倍率の低い壁を2枚並べていたが、MOCX wallであれば1枚で済む。