全963文字
PR

 大成建設は、長周期長時間地震動(長周期地震動)に対応した新たな耐震改修構法「T-レトロフィット制振」を開発した。建物の中央部に吹き抜け空間が配置された鉄筋コンクリート(RC)造の高層マンションに対応する。共用部に当たる建物中央部の吹き抜け空間のみで改修が可能なため、住民が住み続けながら改修工事ができることが特徴だ。

T-レトロフィット制振のイメージパース(資料:大成建設)
T-レトロフィット制振のイメージパース(資料:大成建設)
[画像のクリックで拡大表示]

 既存建物の梁(はり)側面から吹き抜け空間に張り出した片持ち梁と階層をつなぐ間柱により頑強なフレームを構築する。このフレームに地震の揺れを抑えるオイルダンパーを設置する構造だ。

T-レトロフィット制振の概念図(資料:大成建設)
T-レトロフィット制振の概念図(資料:大成建設)
[画像のクリックで拡大表示]