全1388文字
PR

 日本デザイン振興会は2021年11月2日、21年度グッドデザイン大賞を発表した。過去最多となる5835件の審査対象の中からファイナリスト5件が残り、「分身ロボットカフェDAWN ver.β(ドーンバージョンベータ)」(東京・中央)と分身ロボットOriHime(オリヒメ)が大賞を受賞した。大賞はグッドデザイン賞受賞者や審査委員の投票、一般投票などの結果、最も多く得票したものが選ばれる。

2021年度グッドデザイン大賞を受賞した分身ロボットカフェDAWN ver.βの内観(写真:日本デザイン振興会)
2021年度グッドデザイン大賞を受賞した分身ロボットカフェDAWN ver.βの内観(写真:日本デザイン振興会)
[画像のクリックで拡大表示]
2021年11月2日に東京ミッドタウンで日本デザイン振興会が開催したグッドデザイン大賞記者発表会の様子。前列右から2人目が、分身ロボットカフェDAWN ver.βを運営するオリィ研究所代表の吉藤オリィ氏(写真:日経クロステック)
2021年11月2日に東京ミッドタウンで日本デザイン振興会が開催したグッドデザイン大賞記者発表会の様子。前列右から2人目が、分身ロボットカフェDAWN ver.βを運営するオリィ研究所代表の吉藤オリィ氏(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 大賞を受賞した「分身ロボットカフェDAWN ver.β」は、ALS(筋萎縮性側索硬化症)などの病気や障害により外出が困難な人々が、遠隔操作ロボットOriHimeを操作して働く常設カフェだ。オリィ研究所(東京・中央)が運営する。遠隔操作により自宅から接客が可能で、障害者の就業訓練の場にもなっている。店舗のデザインはオヤマツデザインスタジオ(東京・目黒)の親松実氏が手掛けた。

 カフェとロボットが開発された背景には、超高齢化社会を進む日本社会が抱える課題がある。平均健康寿命と平均寿命の間には約10年というギャップがあり、誰しもが“寝たきり”となる可能性を持っている。

 そこで開発者たちは、「寝たきりの先輩」として外出困難者や重度障害者たちを捉えた。その外出困難者たちが社会とつながり続け、誰かのためになっているという生の実感を得られるかどうかに、「超高齢化社会をどう豊かに生きるのか」という問いの解があると考え、カフェを実現させた。

 審査委員の講評では、「実際に訪れると、ロボットに接客されるのではなく、その奥にいる人に接客されている体感が持てるようにデザインされていることが分かる。ロボットをメディアとして障害のある人との生々しい接点がデザインされていることに強い意義を感じる」と記されている。