全1121文字
PR

 英国の建築家リチャード・ロジャース氏が、2021年12月18日に死去した。88歳だった。設計事務所は死因を明らかにしていない。ロジャース氏は1971年にイタリアの建築家レンゾ・ピアノ氏をパートナーに迎えて、仏パリの文化施設「ポンピドゥー・センター(Centre Pompidou)」の国際コンペを勝ち取ったことで一躍世界から注目を集めた。

 2012年に実施された国立競技場の基本計画の国際デザイン・コンクールでは審査員を務めた。プリツカー建築賞(07年)や高松宮殿下記念世界文化賞(00年)など数々の賞を受賞した。

Rogers Stirk Harbour + Partners(RSHP)の設立者、リチャード・ロジャース氏。2021年12月18日に死去した。代表作は、仏パリの文化施設「Centre Pompidou(ポンピドゥー・センター)」など。最先端の技術を駆使して、前衛的な建築を次々と手掛けた(写真:Andrew Zuckerman)
Rogers Stirk Harbour + Partners(RSHP)の設立者、リチャード・ロジャース氏。2021年12月18日に死去した。代表作は、仏パリの文化施設「Centre Pompidou(ポンピドゥー・センター)」など。最先端の技術を駆使して、前衛的な建築を次々と手掛けた(写真:Andrew Zuckerman)
[画像のクリックで拡大表示]

 ロジャース氏は1933年にイタリア・フィレンツェで生まれた。77年、英ロンドンに建築設計事務所Richard Rogers Partnershipを設立。2007年に事務所名をRogers Stirk Harbour + Partners(RSHP)に変更した。常に最先端の技術を駆使して、「ロイズ・オブ・ロンドン(Lloyd’s of London)」(英ロンドン、1986年竣工)や「ミレニアムドーム(The Millennium Dome)」(英ロンドン、99年竣工)など前衛的な建築を次々と設計した。

 98年には英国副首相からの任命を受けて、英国政府が設置する「アーバン・タスク・フォース」の議長に就任。ロンドンの都市デザインに関するアドバイザーや、スペイン・バルセロナの都市戦略協議会のアドバイザーを務めるなど、世界中で活躍した。日本では「歌舞伎町プロジェクト林原第5ビル」(東京・新宿、93年竣工)や「南山城小学校」(京都府南山城村、2003年竣工)の設計を手掛けた。

仏パリの文化施設「ポンピドゥー・センター」。1977年竣工(写真:Katsuhisa Kida)
仏パリの文化施設「ポンピドゥー・センター」。1977年竣工(写真:Katsuhisa Kida)
[画像のクリックで拡大表示]
ポンピドゥー・センターでの写真。手前からリチャード・ロジャース氏、レンゾ・ピアノ氏、ピーター・ライス氏(写真:Tony Evans)
ポンピドゥー・センターでの写真。手前からリチャード・ロジャース氏、レンゾ・ピアノ氏、ピーター・ライス氏(写真:Tony Evans)
[画像のクリックで拡大表示]
英ロンドン南東部のグリニッジ半島に立つ世界最大規模のドーム「ミレニアムドーム」。1999年竣工(写真:Grant Smith)
英ロンドン南東部のグリニッジ半島に立つ世界最大規模のドーム「ミレニアムドーム」。1999年竣工(写真:Grant Smith)
[画像のクリックで拡大表示]