全1269文字
PR

 2023年、東京都内の公共空間で初めて、空飛ぶクルマの有人飛行テストが行われる――。都が公募した「都内における空飛ぶクルマを活用したサービスの社会実装を目指すプロジェクト」に、三菱地所と日本航空、兼松のグループが提案。採択されたことを三菱地所などが22年8月4日に発表した。22年度のプロジェクト支援費総額は税込み400億円。23年度以降は東京都の歳入歳出予算の可決後に確定する。

日本で想定している空飛ぶクルマの実現イメージ。経済産業省と国土交通省が「空の移動革命に向けた官民協議会」の中で作成(写真:経済産業省)
日本で想定している空飛ぶクルマの実現イメージ。経済産業省と国土交通省が「空の移動革命に向けた官民協議会」の中で作成(写真:経済産業省)
[画像のクリックで拡大表示]

 空飛ぶクルマは電動、自動(操縦)、垂直離着陸を特徴とする。世界各国が開発に取り組む新たなモビリティーだ。国内では都市部の送迎サービス、離島や山間部での移動手段、災害時の救急搬送などでの活用が期待されている。国においても「空の移動革命に向けた官民協議会」を中心に25年ごろからの商用運航、社会実装を目標に検討を進めている。

 東京都では、プロジェクト初年に当たる22年度に離着陸場の設置場所や大きさ、必要設備などの与件を整理し、路線の想定や運航コストなど、ビジネスモデルを含めた検討を行う。23年度はヘリコプターによる遊覧飛行の実証。三菱地所が保有する施設の2カ所にヘリポートを設置し、移動サービスの事業性を検証する。24年度には英Skyportsの協力を得て、空飛ぶクルマの有人運航実証および地上オペレーションを検証する。

 三菱地所は離着陸場の場所提供のほか、プロジェクト全体を取りまとめる役割を担う。日本航空は主に機体や運航サービス、兼松と英Skyportsは離着陸場の運営・開発を行う。機体や離着陸場の仕様はこれから検討を始める。実証場所は丸の内エリアをはじめ、三菱地所が保有するビルを候補に、東京都内で条件の合うところを探すようだ。