全1375文字
PR

 2022年11月10日午後1時18分ごろ、名古屋市中区栄の超高層ビルの建設現場で、地上約30mの高さから長さ5cmのボルトが1本、現場近くの歩道に落下した。負傷者はいなかった。この現場では、7月26日に隣接する歩道が陥没する事故が発生。8月8日には地上約140mから重さ約5kgの鋼板が落下するなど、事故が続いている。

地上約30mから落下したボルト(写真:名古屋市)
地上約30mから落下したボルト(写真:名古屋市)
[画像のクリックで拡大表示]

 ボルトの落下事故があったのは、名古屋市中区栄4丁目にある中日ビルの建て替え工事の現場。落下したのは直径2cm、長さ5cm、重さ230gの六角ボルトだ。建設中の地下5階・地上33階建ての超高層ビルの6階部分から、南側の道路を挟んだ向かい側の歩道に落下した。発注者は中部日本ビルディング(名古屋市)で、設計・施工は竹中工務店が担当している。

 事故当日は、ボルトで仮留めした鉄骨のフレームをクレーンでつり上げて、地上6階部分の外壁に取り付ける作業をしていた。ただし、落下したのは仮留めに使用したボルトではなかったという。つり上げて運搬する際に紛れ込んだ可能性がある。

 落下地点の歩道を管理する名古屋市中土木事務所に通報があったのは、事故発生から約4時間後の午後5時28分ごろだった。その後、午後6時過ぎに同事務所の職員と竹中工務店の職員で現場を確認。市中土木事務所の佐々木崇仁管理係長は「けが人がいなくて幸いだったが、通報は早めにしてほしかった。竹中工務店には11月16日付で、落下物で損傷した舗装の修繕を求める命令書を出した」と話す。

南西側から見た中日ビルの完成イメージ。地上33階建て、延べ面積11万7000m<sup>2</sup>の超高層ビルで、2023年夏ごろに竣工予定。事故の影響による竣工時期の変更はないという(出所:中部日本ビルディング)
南西側から見た中日ビルの完成イメージ。地上33階建て、延べ面積11万7000m2の超高層ビルで、2023年夏ごろに竣工予定。事故の影響による竣工時期の変更はないという(出所:中部日本ビルディング)
[画像のクリックで拡大表示]