PR

キーボード自作をテーマに議論

 続いて、松本氏と東プレ商品事業本部電子機器部技術部の榎本堅貴氏、そして、自作キーボード製作者のぺかそ氏とじゅにゃ氏によるパネルディスカッションが始まった。

東プレの榎本堅貴氏
東プレの榎本堅貴氏
[画像のクリックで拡大表示]

 「キーボードを自作しようとしたきっかけは?」の問いに「HHKBのチルダキーの位置が気に入らなかったから」と答えたぺかそ氏は、2016年からキーボードの自作をはじめ、2018年夏には最新の左右分割キーボード「Fortitude60」をキットで出荷する予定だ。

ぺかそ氏
ぺかそ氏
[画像のクリックで拡大表示]

 一方、「必要なものを作るというより自分が楽しい物を作っています」というじゅにゃ氏は5列×4段のテンキーのような物理キーボードでフリック入力を可能にした「物理フリックキーボード」を自作している。「物理フリックキーボードを作ろうと思ったきっかけは?」との問いにじゅにゃ氏は「スマートフォンのタッチパネルによるフリック入力は誤入力が多かったので、物理キーボードで入力したいと思って」と答えている。

じゅにゃ氏
じゅにゃ氏
[画像のクリックで拡大表示]