PR

 米アップル(Apple)が2020年5月4日に発表した「13インチMacBook Pro」の新モデルはキーボードを刷新し、上位モデルでは第10世代Coreプロセッサーの搭載による性能向上が図られている。

13インチMacBook Proの2020年モデル
13インチMacBook Proの2020年モデル
(撮影:山口 健太、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 果たして使い勝手はどこまで良くなったのか。上位モデルの実機に触れる機会を得たので、レビューをお届けする。

上位モデルは「第10世代Coreプロセッサー」搭載

 13インチMacBook Proの2020年モデルは、大きく分けて2種類のモデルが提供されている。Thunderbolt 3を本体左側に2ポート備える下位モデルと、左右2ポートずつの合計4ポートを備える上位モデルだ。

 注目は上位モデルだ。最新の米インテル(Intel)の第10世代Coreプロセッサー(開発コード:Ice Lake)を搭載した。外部ディスプレーへの出力は最大6K(6016×3384ドット)解像度の60Hz表示に対応。アップル製の6Kディスプレー「Pro Display XDR」にも対応した。

 上位モデルでは16GBのメモリーを標準で搭載し、従来の8GBから倍増した。ブラウザーを開きながらの文書作成など、8GBでは足りない作業でも余裕のある容量になった。

 メモリーの規格は3733MHzのLPDDR4Xとなっており、2020年の下位モデルや2019年モデルが採用する2133MHzのLPDDR3から強化されている。

上位モデルは第10世代Coreプロセッサーと、標準で16GBのLPDDR4Xメモリーを搭載する
上位モデルは第10世代Coreプロセッサーと、標準で16GBのLPDDR4Xメモリーを搭載する
[画像のクリックで拡大表示]

 従来からの特徴だが、13インチMacBook Proの上位モデルは2基の冷却ファンを搭載している。下位モデルやMacBook Airと比べて、高負荷をかけた際でもピーク性能を持続しやすいのがメリットだ。