PR

 ノートパソコンを作った“元祖”とも言えるメーカーが東芝だ。しかし他のメーカーと同様に厳しい競争の渦中にあり、PC事業については売却を検討しているとの報道もある。

 その一方で製品を見てみると、奇をてらうことなく、ニーズの高いモデルを投入し、ユーザーの心をつかもうとしている。A4ノートはコンシューマー向けだが、モバイルはビジネス向けを想定したモデルが多い。

 今回取り上げるdynabook V82の春モデル「dynabook V82/F」は、前モデルから基本的な構成こそ変わっていないものの、改めて各部をチェックしていくと、ライバルに少しも負けていないことがわかる。さまざまな新技術を先取りしているからこそ、マイナーチェンジでも古さを感じさせないのだ。

 今シーズンのポイントは第8世代のCore iシリーズを搭載したこと。第7世代のCPUと比べても、体感上の速度差はさほどないが、これから買うなら性能は高いほうがよい。高性能なCPUほど、5年、6年と長く使った時に快適だからだ。

東芝の「dynabook V82/F」はCPUを変更したマイナーチェンジとなっている
東芝の「dynabook V82/F」はCPUを変更したマイナーチェンジとなっている
(撮影:アバンギャルド、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]