全2314文字

 動画コンテンツの視聴スタイルは、端末と共に進化してきた。映画館のスクリーンで大勢で鑑賞していた時代から家庭にテレビを置いて楽しむようになった。その後、パソコンでインターネット上の動画を視聴するようになり、スマートフォンによって外出先でも見る時代が到来している。

 こうしたスマートフォンでの視聴に最適化した動画配信サービスが2020年4月に始まる。米クイビ・ホールディングス(Quibi Holdings)が提供する「Quibi」である。「Quick Bite(軽食)」を由来にした名称で、10分以内のオリジナル短編動画を提供する。1980〜2000年代に米国で生まれた「ミレニアル世代」をターゲットとする。

 米ウォルトディズニーの映画プロデューサーや米ドリームワークス・アニメーション(DreamWorks Animation)のCEO(最高経営責任者)を歴任したジェフリー・カッツェンバーグ氏が、クイビ・ホールディングスの創設者である。そして、米イーベイ(eBay)の社長兼CEOや、米ヒューレット・パッカード・エンタープライズ(Hewlett Packard Enterprise)の社長兼CEOを務めたメグ・ホイットマン氏が、クイビ・ホールディングスのCEOだ。この2人が関わるサービスとして、開始前から注目を集めている。

 米ラスベガスで2020年1月7日~10日に開催された世界最大級の電子機器の見本市「CES 2020」で、カッツェンバーグ氏とホイットマン氏が基調講演に登壇。Quibiの最大の特徴である「ターンスタイル」機能を中心に魅力を語った。

米Quibi Holdingsの創業者であるジェフリー・カッツェンバーグ氏
米Quibi Holdingsの創業者であるジェフリー・カッツェンバーグ氏
(撮影:鈴木 朋子、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]
米Quibi HoldingsのCEOであるメグ・ホイットマン氏
米Quibi HoldingsのCEOであるメグ・ホイットマン氏
[画像のクリックで拡大表示]