全2787文字
PR

 LG VELVETの画面は6.8型有機ELディスプレーで解像度は2460x1080ピクセル。専用カバーにも同じサイズと解像度の有機ELディスプレーが搭載されている。SoC(System on Chip)は「Snapdragon 765」、RAMは6ギガバイト、ストレージは128ギガバイトと中上位に相当するスペックだ。microSDカードの追加もできる。

 生体認証機能は指紋認証に対応する。指紋センサーは本体ディスプレーの下に配置されていて、外側からは見えないようになっている。コロナ禍の影響などでマスクをすることが多い状態では、カメラに認識されにくい顔認証よりも指紋認証の方が実用的だ。

 なお、本体は「IPX5/8」の防水性能と「IP6X」の防塵(じん)性能を有する。例えばIPX8とは、常温で水道水の水深1.5メートルに端末を沈め、約30分間放置したうえで取り出したときに通信機器としての機能を有することを意味する。一方、IP6Xとは直径75マイクロメートル以下の塵埃(じんあい)が入った装置に端末を8時間入れてかくはんし取り出したときに、内部に塵埃が侵入しない機能を有することを意味する。

 これらの性能を有しているのは本体だけで、専用カバーはそうではない。そのため雨などで水にぬれそうな場合は、専用ケースから取り外して本体のみで使った方がよい。

バランスがよく、持ちやすい

 LG VELVETを手に持ったときにまず感じるのは軽さだ。本体の重さは約180グラムで、6.8型スマホとしては軽い。専用ケースを取り付けると約309グラムになる。LG V60 ThinQ 5Gも同じ画面サイズだが、本体のみで約218グラム、専用ケースと合わせて約353グラムある。LG VELVETはこれより薄く軽く、横幅も狭いので持ちやすい。専用ケースを取り付けて手帳のように開いて持つのも容易だ。

ケース装着時の重さは約309グラム。片手で楽に保持できる
ケース装着時の重さは約309グラム。片手で楽に保持できる
[画像のクリックで拡大表示]

 専用ケースに取り付けるのは簡単だが、取り外すときは少しコツが要る。本体に付いているUSBポートはUSB-Cだが、専用ケースに取り付けた場合は専用アタッチメントを介してUSBケーブルに接続して充電する。「Qi(チー)規格」に対応しているので、ワイヤレスで充電する方が便利だろう。

本体にはUSB-Cポート、ヘッドホンジャックが付いている。本体のディスプレーは左右の側面が曲がった曲面ディスプレーになっていて、額縁部分が目立たない
本体にはUSB-Cポート、ヘッドホンジャックが付いている。本体のディスプレーは左右の側面が曲がった曲面ディスプレーになっていて、額縁部分が目立たない
[画像のクリックで拡大表示]
専用ケースに取り付けた場合は専用アタッチメントを使ってUSBケーブルに接続する
専用ケースに取り付けた場合は専用アタッチメントを使ってUSBケーブルに接続する
[画像のクリックで拡大表示]