全3460文字
PR

 もう1つのパターンは、Catalina搭載のMacからSierra、El Capitanのインストーラーをダウンロードする場合などだ。アップルのサポートページにあるリンクをクリックすると、イメージファイル「InstallMacOSX.dmg」が「ダウンロード」フォルダーなどにダウンロードされる。

 このイメージファイルを開くと実行形式のファイル「InstallMacOSX.pkg」が入っている。これを起動して画面に従って進めると、OSのインストーラーが「アプリケーション」フォルダーにダウンロードされる。

 もし「InstallMacOSX.pkg」を実行できない場合は、使用中のMacがそのmacOSをサポートしていない可能性がある。サポートするバージョンを確認しよう。

 旧macOSのインストーラーを入手するパターンは、大きく分けて上記の2つだ。どちらもインストーラーは「アプリケーション」フォルダーに保存される。今後に備えて、外部のストレージなどにコピーし保管しておくとよいだろう。

アップルのサポートページでリンクをクリックするとダウンロードされるイメージファイル「InstallMacOSX.dmg」を開くと「InstallMacOSX.pkg」が入っているので、これを実行する
アップルのサポートページでリンクをクリックするとダウンロードされるイメージファイル「InstallMacOSX.dmg」を開くと「InstallMacOSX.pkg」が入っているので、これを実行する
[画像のクリックで拡大表示]

実行した「InstallMacOSX.pkg」の画面に従って進めていくと、「macOSインストーラ」が「アプリケーション」フォルダーにダウンロードされる
実行した「InstallMacOSX.pkg」の画面に従って進めていくと、「macOSインストーラ」が「アプリケーション」フォルダーにダウンロードされる
[画像のクリックで拡大表示]

もともと付属していたバージョンからアップデート

 続いて、入手した旧バージョンのmacOSをMacにインストールする方法を紹介しよう。

 ここでは「ターミナル」アプリなどでのコマンド入力をしなくてよい方法を紹介する。ターミナルを使うより若干時間がかかるが、別途USBメモリーなどを使ってインストールメディアを作成する必要が無い。そのため初心者でも容易だ。

 その方法では「(1)もともと付属していたバージョンのmacOSをインストールする」「(2)目的のバージョンにアップデートする」という2つのステップを踏む。Macの内蔵ドライブを初期化するため、前述の方法で入手したインストーラーはあらかじめUSBメモリーや外部のドライブなどに保存しておこう。

 ステップ1の「もともと付属していたバージョンのmacOSをインストールする」から始めよう。

 Macがインターネットに接続された状態で再起動をかけ、macOSが立ち上がる間ずっと[Shift]+[Option]+[Command]+[R]のキーを押したままにする。回転する地球儀のアイコンが表示されたらキーを離す。

 「macOSユーティリティ」が表示されたら「ディスクユーティリティ」を起動し、Macの内蔵ドライブを初期化しよう。

再起動して[Shift]+[Option]+[Command]+[R]のキーを押したままにし、回転する地球儀のアイコンが表示されたらキーを離す。しばらく待つと「macOSユーティリティ」が起動する
再起動して[Shift]+[Option]+[Command]+[R]のキーを押したままにし、回転する地球儀のアイコンが表示されたらキーを離す。しばらく待つと「macOSユーティリティ」が起動する
[画像のクリックで拡大表示]

「macOSユーティリティ」で「ディスクユーティリティ」を起動して、Macの内蔵ドライブを初期化する
「macOSユーティリティ」で「ディスクユーティリティ」を起動して、Macの内蔵ドライブを初期化する
[画像のクリックで拡大表示]