PR

iPadはApple Pencilとの組み合わせがベスト

 最近のタブレットや2in1タイプのパソコンには専用のスタイラスペンを用意している製品が多い。分かりやすいところでは、「iPad Pro」と「Apple Pencil」の組み合わせだ。専用ペンなので反応は素晴らしく、機能も充実している。アプリが対応していれば、鉛筆のように傾けて書くことで太い線が引けるなど、書き味は文句の付けようがない。

 とはいえ、この組み合わせにもいくつか難点ある。まず、Apple Pencilの1万800円という価格の高さだ。そこまで費用をかけられないという人は、この記事の後半で紹介する「汎用タイプ」を試してみる手もあるだろう。

 また、個人的にはApple Pencilは、バッテリーの持ちが悪いのが不満だ。使っていない間もペアリングが継続しているので、バッテリー残量が徐々に減っていく。そのため、使いたいときにバッテリー残量が少なくなっているという状況に陥りがちなのだ。僕は専用の充電スタンドにペンを挿しておくことで対処しているが、今度はキャップをなくしやすいという問題も抱えている。

Apple Pencilの難点はバッテリーの持ちが悪いことだ
Apple Pencilの難点はバッテリーの持ちが悪いことだ
[画像のクリックで拡大表示]
キャップを外さないと充電できない設計はいただけない
キャップを外さないと充電できない設計はいただけない
[画像のクリックで拡大表示]
iPadとの相性は最高で紙とペンのような感覚で手書きできる
iPadとの相性は最高で紙とペンのような感覚で手書きできる
[画像のクリックで拡大表示]