PR

電磁誘導方式は採用モデルが少ない

 Windowsパソコンで採用されているもう1つの方式が電磁誘導だ。以前の手書き対応パソコンでは主流だった方式だが、最近は対応モデルが減っている。理由はコストで、どうしても高くなってしまうからだ。また電磁誘導方式の場合、ディスプレーを薄くできないという問題もある。

 とはいえ、「Galaxy Book」や「Galaxy Note8」などの「Sペン」は現在でもこのタイプで、個人的には書き味も気に入っている。反応が素晴らしく、線が途切れたり反応が遅れたりすることがほとんどないのだ。

 また電磁誘導方式は電源を必要としないため、ペンの充電や電池交換の手間がない。書きたいときにスラスラと書けるのはうれしい限りだ。僕としては、この方式を採用したパソコンが増えることを期待している。

電磁誘導方式のスタイラスペンなら充電や電池交換は不要だ
電磁誘導方式のスタイラスペンなら充電や電池交換は不要だ
[画像のクリックで拡大表示]
電磁誘導方式はペン先の細さが素晴らしく、書き味も申し分ない
電磁誘導方式はペン先の細さが素晴らしく、書き味も申し分ない
[画像のクリックで拡大表示]