PR

ペン先が細い静電容量式のペンもある

 実は、静電容量式のペンにはペン先が細いタイプも以前からある。見た目はボールペンくらいのペン先なのだが、直径5~6mmの円形になるように静電容量を変化させているのだ。

 このタイプのペンは、Bluetoothで端末とペアリングする必要があったのだが、ワコムの新製品「Bamboo Tip」では、その必要もなくなった。興味津々で試してみたところ、使い勝手は予想以上に良かった。ただし、機能的にはペン先の太いタイプと同様なので、筆圧感知などの機能は搭載していない。また、ペアリングしていないために、ペン先と同時に指が画面に触れたときに誤動作することもある。

 Apple PencilとiPad Proの組み合わせと比べると反応はいまいちだが、それでもペン先の太いタイプよりははるかに使いやすい。Bamboo Tipの対応機種はワコムのウェブページに掲載されているが、非掲載の端末で使える可能性もある。また、Bamboo TipにはiPad Proで利用するための切り替えスイッチも用意されている。電源は充電式で、6280円と価格も手ごろだ。「手持ちの端末でスタイラスペンを使いたいが、どうもしっくりくるものがない」という人は試してみてはどうだろう。

新登場のBamboo Tipはペン先の細い静電容量式だ
新登場のBamboo Tipはペン先の細い静電容量式だ
[画像のクリックで拡大表示]
専用ペンがないiPhone Xでも利用できる
専用ペンがないiPhone Xでも利用できる
[画像のクリックで拡大表示]
iPad Proでちょっとしたお絵描きをしてみた
iPad Proでちょっとしたお絵描きをしてみた
[画像のクリックで拡大表示]
硬さの異なるペン先も別売で用意されている
硬さの異なるペン先も別売で用意されている
[画像のクリックで拡大表示]