PR

アップル純正「Smart Keyboard」の欠点とは

 Smart Keyboardを使い続けるうちに、意外な欠点に気付いてしまった。当たり前なのだが、ハードウエア接続なのでiPad本体と気軽に切り離して使えないのだ。とにかく困るのが、手書きとキー入力を併用したいとき。手書きの際はiPadをテーブルに寝かせて書きたいのだが、キーボードが邪魔になるので取り外す。そして再度キー入力したいときに取り付け直す。これを繰り返すことになるのだ。Bluetoothキーボードなら自由に動かせるので、そういった手間は生じない。

 もう1つ、意外な欠点もあった。僕は、打ち合わせなどで記録を取る際に「Notability」や「MetaMoji Note」というアプリを使う。録音しながらテキストを入力すると録音とテキストが連携するという便利なアプリで、テキストをタップすると、その文字を入力したタイミングの音声が再生されるのだ。ところがだ、Smart Keyboardを使うとキーとiPad本体のマイクが近すぎるために、タイプ音まで録音されてしまい、うるさいことこの上ない。こちらの問題も、本体と距離が取れるBluetoothキーボードなら解消できるわけだ。

iPadとは「Smart Connector」でハードウエア的に接続する
iPadとは「Smart Connector」でハードウエア的に接続する
[画像のクリックで拡大表示]
Notabilityは、録音とテキストがシンクロする便利なアプリだ
Notabilityは、録音とテキストがシンクロする便利なアプリだ
[画像のクリックで拡大表示]