PR

切り離して使えるのは、やはり快適だった

 KEYS-TO-GOには、専用のスタンドが付属していて、iPadやiPhoneを立て掛けて使えるように工夫されている。ただ、このスタンドだと本体とキーボードを離して使えないので、僕は市販の自立するスタンドを利用している。

 改めて作業してみると、iPad本体を好きな場所に置いてキー入力ができるのは快適だった。先述したような、ペン入力との切り替えも楽だし、ある程度距離を取れば「Notability」にタイプ音が入りまくることもなくなる。ちなみに、タイプ音が静かなことも、KEYS-TO-GOがSmart Keyboardより優れているポイントだ。ペアリングの設定や入力時のレスポンスも、以前のBluetoothキーボードに比べるとずいぶん洗練されていると思う。実際、反応が遅くてイライラするようなこともほぼなかった。

 KEYS-TO-GOの厚さは6mmとスリムなので、持ち歩く際にはアップル純正のケースにiPad本体と一緒に収まる。スタンドも一緒に収納できないのが残念だが。

付属のスタンドを利用すれば、iPadを立て掛けることもできる
付属のスタンドを利用すれば、iPadを立て掛けることもできる
[画像のクリックで拡大表示]
付属のスタンドは別途持ち歩くタイプだが、iPadを切り離して使えない
付属のスタンドは別途持ち歩くタイプだが、iPadを切り離して使えない
[画像のクリックで拡大表示]
本体と距離をおいて入力できるので、タイプ音も録音されない
本体と距離をおいて入力できるので、タイプ音も録音されない
[画像のクリックで拡大表示]
アップル純正のケースに、iPadと一緒に収納できるのはうれしい
アップル純正のケースに、iPadと一緒に収納できるのはうれしい
[画像のクリックで拡大表示]