PR

端子は盛りだくさんだ

 モバイルプロジェクターとしては、端子の数はずいぶん多く、レンズを正面に見て左側面に並んでいる。充電に使うUSB Type-C端子、各種機器と接続するためのHDMI端子、スピーカーをつなぐAUDIO OUT端子を備える。また、通常サイズのUSB端子もあり、これはMP-CD1をモバイルバッテリーとして利用するときに使う。

 パソコンとの接続なら、HDMIケーブルを利用すればいい。Androidスマートフォンと接続するには別売りのMHLケーブルが必要とされているが、USB Type-CをHDMIに変換するアダプター(Anker USB-C & HDMI変換アダプター)を試してみたところ、問題なく使えた。iPhoneとの接続は、Apple純正のLightning-Digital AVアダプターを利用した。スマホ、iPhoneとの接続もつなぐだけで済み、とても簡単だった。

 唯一の欠点を挙げるなら、ワイヤレスで接続する機能がないことだろう。モバイルプロジェクターの中には、無線規格のMiracastを利用してパソコンなどとワイヤレスで接続し、投影できる製品もある。ケーブルなしで使えれば、荷物も減るし、置き場所も選ばないのでとても便利だ。

 また、ケーブルで接続するモバイルプロジェクターは、テーブルの上などに固定するのが難しいとも感じる。当然のことながら、使用時はモバイルプロジェクターを三脚に取りつけるのだが、その際、プロジェクターが太いHDMIケーブルに引っ張られて動いてしまうことがあるのだ。

 ただし、MP-CD1は、三脚を取り付ける穴が中心からずらしてあり、穴の横にケーブルを差し込むように設計されている。ケーブルをつないだ状態のバランスがよいので動きにくい。とてもよく考えられていると感心する。

コネクターが豊富
コネクターが豊富
[画像のクリックで拡大表示]
付属のケーブルは、HDMI、USB Type-C、USB Type-CとmicroUSBの変換アダプターだ
付属のケーブルは、HDMI、USB Type-C、USB Type-CとmicroUSBの変換アダプターだ
[画像のクリックで拡大表示]
三脚に取りつけて使うのが一般的だろう。三脚はもちろん別売りだ
三脚に取りつけて使うのが一般的だろう。三脚はもちろん別売りだ
[画像のクリックで拡大表示]
パソコンとはHDMIケーブルで接続すればいい
パソコンとはHDMIケーブルで接続すればいい
[画像のクリックで拡大表示]
スマホとの接続にUSB Type-Cアダプターを試してみたところつながった
スマホとの接続にUSB Type-Cアダプターを試してみたところつながった
[画像のクリックで拡大表示]
iPhoneとの接続は、Apple純正のLightning-Digital AVアダプターを利用した
iPhoneとの接続は、Apple純正のLightning-Digital AVアダプターを利用した
[画像のクリックで拡大表示]