全1686文字
PR

 AWS Cloud Questを利用するには、AWSに関するトレーニングや認定試験の管理ができるポータルサイト「AWS Skill Builder」のアカウントを取得する必要がある。筆者の場合、日本のAmazonアカウントを同サイトに登録してゲームを起動できた。

AWS Cloud Questの起動画面
AWS Cloud Questの起動画面
[画像のクリックで拡大表示]

 初回起動時はまず自分のアバターを作成する。アバターのデザインについては、性別や肌の色、身長、体形、髪形、服装など様々な要素を自分の好みに応じて細かく変更できる。ゲーム世界での名前を決めて完成させたらゲームがスタートする。自分のアバターが3Dの仮想都市に出現し、その中を自由に移動できるようになる。

アバターの外見やファッションを自分好みに変更できる
アバターの外見やファッションを自分好みに変更できる
[画像のクリックで拡大表示]
ゲーム世界での自分の名前を決めればアバターが完成
ゲーム世界での自分の名前を決めればアバターが完成
[画像のクリックで拡大表示]

 アバターの操作にはキーボードやマウスを使用する。街の中で困っている人を見つけ、近寄って話しかけると、どのような課題を抱えているかが会話形式で示される。

 例えば「波浪予報を表示するWebサイトがサーバーの不具合で見えない。サーバーの調達にも時間がかかる」といった内容だ。これに対してアバターが「Amazon S3を使って静的なWebサイトを立ち上げれば解決するはず」などと自動的に回答する。Amazon S3はオブジェクトストレージだが、簡易なWebサーバーの機能を備える。

頭上に「!」マークが浮かんでいる人物に近寄って話しかける
頭上に「!」マークが浮かんでいる人物に近寄って話しかける
[画像のクリックで拡大表示]
ITの課題と解決策は会話形式で表示される
ITの課題と解決策は会話形式で表示される
[画像のクリックで拡大表示]

 その後、実際にAmazon S3を使ってWebサイトのホスティング作業を学ぶ「ソリューションセンター」に移動する。ここでは「Learn」「Plan」「Practice」「DIY」の4つのセクションでAmazon S3の使い方を習得していく。

「Learn」「Plan」「Practice」「DIY」の4ステップでAWSの知識やノウハウを習得する
「Learn」「Plan」「Practice」「DIY」の4ステップでAWSの知識やノウハウを習得する
[画像のクリックで拡大表示]