全1567文字
PR

充電器が1つで済む

 筆者はGaNを採用したUSB PD対応充電器として、中国アンカー(Anker)製の「PowerPort Atom PD 2」と、中国サンバレー・グループ(Sunvalley Group)がRAVPowerブランドで販売する「RP-PC112」を以前から使っている。PowerPort Atom PD 2はUSB Type-Cポートを2つ備えた最大出力60ワットの製品で、重さは182グラム(編集部の実測値)。RP-PC112はUSB Type-Cポートを1つだけ備え、最大出力61ワットだ。重さは104グラム(同)である。

 TUNEMAX 100W GaNはPowerPort Atom PD 2とほぼ同じ重さだ。ただしTUNEMAX 100W GaNの最大出力は100ワットで、60ワットのPowerPort Atom PD 2より40ワット大きい。

 TUNEMAX 100W GaNよりRP-PC112のほうが軽くて携帯性に優れるが、1ポートしかないうえに最大出力は61ワットだ。TUNEMAX 100W GaNは4ポートを備える。合計100ワットまでの範囲で、最大4台の機器を同時に充電できる。

中国アンカー(Anker)製の「PowerPort Atom PD 2」は、出力60ワットの充電器。USB Type-Cポートを2つ備える
中国アンカー(Anker)製の「PowerPort Atom PD 2」は、出力60ワットの充電器。USB Type-Cポートを2つ備える
[画像のクリックで拡大表示]
中国サンバレー・グループ(Sunvalley Group)がRAVPowerブランドで販売する「RP-PC112」は出力61ワットの充電器
中国サンバレー・グループ(Sunvalley Group)がRAVPowerブランドで販売する「RP-PC112」は出力61ワットの充電器
[画像のクリックで拡大表示]
TUNEMAX 100W GaN(下)は、PowerPort Atom PD 2(左上)に近いサイズと重さで100ワットという出力が魅力。RP-PC112(右上)は小型軽量だが充電できるのは1台のみだ
TUNEMAX 100W GaN(下)は、PowerPort Atom PD 2(左上)に近いサイズと重さで100ワットという出力が魅力。RP-PC112(右上)は小型軽量だが充電できるのは1台のみだ
[画像のクリックで拡大表示]

 ノートパソコンやスマートフォンを外出先で使うために充電器を持ち歩く際に、かばんの中でかさばって邪魔になっていないだろうか。TUNEMAX 100W GaNの販売予定価格は9900円(税込み)。これ1台で複数の充電器の役割を担うと考えれば、コストパフォーマンスは高いだろう。荷物を減らしたい人に向く製品だ。

プラグは折り畳み式のため、かばんに入れるときに邪魔にならない
プラグは折り畳み式のため、かばんに入れるときに邪魔にならない
[画像のクリックで拡大表示]

 なおデバイスと接続する充電ケーブルは慎重に選びたい。USB PD対応ケーブルであっても、対応可能な電圧や電流の上限は製品によって異なるからだ。購入前に対応する電圧や電流を確認して購入しよう。

エレコムのUSB PD対応ケーブル「USB3-CC5P10NBK」。最大出力は100ワット(20ボルト/5アンペア)だ
エレコムのUSB PD対応ケーブル「USB3-CC5P10NBK」。最大出力は100ワット(20ボルト/5アンペア)だ
[画像のクリックで拡大表示]

湯浅 英夫(ゆあさ ひでお)
ライター
元ジャズミュージシャンのライター。PC、スマホ、ネットサービスなどIT関連を中心に執筆しつつ、たまにウッドベースやエレキベースを弾いている。音楽の守備範囲はジャズから古いソウル、ロック、AOR、MPBまで雑食。ジャズと楽器には少しうるさい。