全2907文字
PR

LINEアプリに二重のロックをかける

 LINEで非常にプライベートな会話をしていて、他人に見られたくないという思いが強い人もいるだろう。その場合、LINEアプリにパスコードロックを掛けると安心だ。仮にスマートフォンのロック画面を解除されても、さらにLINE用のパスコードを入力しないとLINEアプリを開けないようにできる。パスコードは数字4桁で、iOS版ではFace ID(顔認証)やTouch ID(指紋認証)でのロック解除も設定できる。

 LINEアプリのパスコードロックを有効にするには、LINEの「ホーム」画面の左上のある、歯車の形をした設定ボタンをタップする。その後、設定画面の「プライバシー管理」を選択し、「パスコードロック」のスイッチをオンにする。パスコードの設定を求める画面に遷移するので、ここでパスコードを設定すれば設定完了だ。

パスコードロックをオンにすると、LINEアプリ用のパスコードを設定できる
パスコードロックをオンにすると、LINEアプリ用のパスコードを設定できる
[画像のクリックで拡大表示]

間違って送信したメッセージを取り消す

 LINEでは様々な知り合いとメッセージのやり取りをする。そのため送信先を間違える、いわゆる“誤爆”が起こることがある。夫婦げんかをしている真っ最中に、誤って飲み会の約束のメッセージを送ってしまうと、火に油を注ぐことになる。

 LINEでは、間違って送信したメッセージを消す機能が用意されている。取り消したいメッセージを長押しして、表示されたメニューから「送信取消」をタップする。確認ダイアログが出るので、「送信取消」をタップするとメッセージ送信は取り消される。

メッセージを長押しすると表示されるメニュー
メッセージを長押しすると表示されるメニュー
[画像のクリックで拡大表示]

 ただ、相手が通知でメッセージのプレビューを表示する設定(デフォルト設定のまま)にしている場合、通知でメッセージを読まれている可能性がある。また、相手とのトークルームには「メッセージの送信を取り消しました」と表示され、送信を取り消した事実は相手に伝わる。

送信を取り消したログは残る
送信を取り消したログは残る
[画像のクリックで拡大表示]