全3359文字
PR

 出力30ワットのPowerPort Atom PD 1も試した。接続して電源ボタンを押したところ、「必要な電力供給を下回っている」という意味のメッセージが表示された。キーボードの「ESC」を押すとそのままWindowsを起動できたが、タスクバーの電源アイコンをクリックすると「低速の充電ケーブル、低速充電中」と表示され、充電スピードが遅くなっていた。

ThinkPad T480sにPowerPort Atom PD 1を接続して起動すると表示される画面
ThinkPad T480sにPowerPort Atom PD 1を接続して起動すると表示される画面
(撮影:湯浅 英夫)
[画像のクリックで拡大表示]

 それ以外は問題なく、大きな負荷がかかる処理をしていない状態では、時間はかかったものの充電できた。ただし一般には出力が足りないと充電できないケースもあるので、やはり必要な出力を持った充電器を使う方がよさそうだ。

出力30ワットのPowerPort Atom PD 1を接続すると「低速の充電ケーブル、低速充電中」と表示されて充電スピードが遅くなった
出力30ワットのPowerPort Atom PD 1を接続すると「低速の充電ケーブル、低速充電中」と表示されて充電スピードが遅くなった
(撮影:スタジオキャスパー)
[画像のクリックで拡大表示]

 デバイスに付属するACアダプターや従来のUSB PD対応充電器と比べ、GaNを使用した充電器は約半分の重さと大きさになる。デバイス側の電力仕様の確認やUSB PD対応ケーブルの用意など多少の面倒はあるが、USB PD対応のパソコンを使っていてACアダプターが大きく重いと感じている人には、荷物を小さく軽くできるアイテムとして購入をお薦めする。

湯浅 英夫(ゆあさ ひでお)
ライター
元ジャズミュージシャンのライター。PC、スマホ、ネットサービスなどIT関連を中心に執筆しつつ、たまにウッドベースやエレキベースを弾いている。音楽の守備範囲はジャズから古いソウル、ロック、AOR、MPBまで雑食。ジャズと楽器には少しうるさい。